メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年6月10日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・弱気の雇用統計を受けた米利下げ観測や、対メキシコ関税発動を見送りに伴う株高を好感して、ほぼ全面高の展開となりました。

 

■Q2:まず、雇用統計を受けた金市場の反応は如何でしたか?

A2:米利下げ観測を好感

NY金とドル円
NY金とダウ
・ADP雇用統計に続いて、弱気の結果となった事で、ドル売り・NY金買いで反応しました。
・ただし、利下げ観測の高まりを受けてNY株式市場も上昇したため、金の上値は抑えられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q3:5月末から大きく続伸してきた金相場ですが、今後の見通しを教えて下さい。

A3:1350ドルの攻防が焦点

NY金8月限日足
NY金週足
・心理的節目1350㌦~2月高値(1361.5㌦)の攻防が焦点。終値ベースで、同水準を上抜くと、テクニカル的な強気感が増すが、上抜け切れないと、短期的な買われ過ぎ感からの調整が予想される。
・ただし、米利下げ観測や、景気後退懸念が続く事から、値幅調整でなく、日柄調整地となる可能性も。5月安値~6月高値までの上昇に対する38.2%押し(1322.9㌦)が下値支持。50%押しは、ネックライン(5/14高値)と重なる支持線。
・NY金は週足で見ると、2016年以降、ボックス相場となっており、夏場に控える雲のねじれの時間にトレンドが加速するのか、反転するのかに注目したい

 

 

 

■Q4:押し目は買われた白金(プラチナ)市場の見通しは如何ですか?

A4:戻りは重い

NY白金週足
・800ドルを割り込んだものの、メキシコへの関税適用を先送りする可能性が出た事で、押し目を買い直されて反発。金高・株高の両面を好感した。
・中国国家発展改革委員会は6日、自動車の販売促進策を発表。地方政府に対し、自動車の購入制限を新たに導入することを禁止するほか、新エネルギー車に対する既存の制限を解除した事も好感された
・800㌦以下の底値感はあるものの、中長期的な触媒用需要減少があり、押し目買い・噴き値売りのスタンスは継続したい。

 

■Q5:最後に、原油市場の見通しは如何ですか?

A5:目先の底打ち感

NY原油7月限日足
・株価反発や、産油国の減産延長期待からNY原油は、下げ止まりとなっています。2018年12月安値~2019年4月までの上昇に対する61.8%押しを達成し、テクニカル的にも下げ一服感が出ても良い水準。6月5日の安値が当面の底値候補。
・55㌦±3ドル相場へ。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所