メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC朝エクスプレス

このレポートは令和3年6月21日(月)日経CNBC「朝エクスプレス」(8:15~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:先週、金相場が急落しましたね。その背景を教えてください。

A1

CG:NY金&ドルインデックス

CG:中国商品規制表

CG:中国非鉄・鉄鉱石先物

・先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)のドットチャートで、2023年中にゼロ金利政策を解除する方針が示した。米経済の回復と物価上昇率の加速を受けて、これまで24年以降としていた利上げ時期の想定を前倒しした。

・これを受けて、米長期金利上昇・ドル高・ユーロ安・NY金売りとなった。

・更に、中国政府は5月に入り、立て続けに商品高に対して取引規制の強化に動いていたが、中国国家糧食物資備蓄局が16日、商品価格を安定させるために銅・アルミニウム・亜鉛の国家備蓄を放出すると発表。17日には、中国国家発展改革委員会が、コモディティー(商品)とサービスの価格指数の管理に関する新たな規制を設け、8月1日に発行と発表。商品市場全面安の流れが金下落の一因となった。

 

 

■Q2:それでは、今後の金相場の見通しを教えてください

A2

CG:NY金&RSI

・FOMCで市場想定よりも早めの利上げが意識されているものの、金と逆相関の米金利の上昇は鈍い。今回の金の下げは、200日移動平均線割れからの下げ加速であったが、テクニカル的な売りも巻き込んで、やや行き過ぎの感も強い。

・3月安値~6月高値までの上昇に対する61.8%押しを達成しており、一旦は自律反発を入れやすい。

・RSIも、短期的な売られ過ぎ感を示唆。

・中長期的な買い場を探すような流れとなりそうだ。

 

 

■Q3:原油市場の見通しは如何ですか?

A2

CG:2015年イラン原油生産

・18日のイラン大統領選では対米強硬派のライシ司法府代表の勝利が確実視されている。米国との核協議の行方が焦点に。

・イラン国営石油(NIOC)は「制裁が解除されれば、国内の原油生産の大半が1カ月以内に復旧する見通しだ」とし、(生産量を)日量400万バレル以上に増やしたいと発言している。1ヶ月ほどで日量100~200万バレルの増産は可能との観測もあるが、2015年の制裁解除の際も、生産高が完全に戻るには1年ほどかかっている。今回も同様な格好であれば、ヘッドラインで下げても下値は限定的かもしれない。

・「OPECプラス」は、次回閣僚会合を7月1日に行うとしているが、イラン産原油の復帰が見えてこないと、具体的な増産・減産の動きが取れにくい。

 

 

 

■Q3:原油市場で他に注目すべき点は何ですか?教えてください。

A2

CG:EIA原油在庫

・アフターコロナの世界で経済回復期待は強く、石油輸出国機構(OPEC)プラスの協調減産幅の縮小や、米シェールオイルの増産が緩やかな中、米国はドライブシーズンに入っており、夏から秋にかけて発生するハリケーンも波乱要因だ。季節的には原油在庫が減少しやすい時間帯で、在庫水準も昨年と比べると低い水準。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所