メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成31年5月13日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1きょう1日の振り返り


・米中貿易協議は、最悪の交渉決裂とならなかったことでドル円もNY株価も下げ一服となった事で、本日の東京市場もリスク回避一服で自律反発となりました。

■Q2:リスク回避が一服した金融市場ですが、安全資産の金市場の反応は如何でしたか?


A2底固め

NY金6月限日足 200日移動平均線
・ドル高・株高を背景に2月高値を起点とした下降トレンドを形成していたNY金ですが、米中貿易協議の難航を受けて、200日移動平均線が下値支持となり、底固めの様相となっています。
・米CPIが予想以下の伸びとなり、米金利引き上げ観測が後退した事も材料視された。

 

 

■Q3:確かに、安全資産とし買われているようですが、株価の下落と比べると、上昇が鈍いようにも感じますが、その背景は何でしょうか?


A3安全資産として分散


NY金・NY株・ビットコイン中銀金購入・米中貿易戦争懸念により、株価・ドルが下落しています。安全資産として、「金」以外にも「円」が買われていますが、ここにきて、ビットコインなどの仮想通貨が、資金流出などの悪材料があるにもかかわらず、反発しており、通貨の顔としての「金」に資金が向かうと同時に、「仮想通貨」にも資金が流入していることが、金の上昇が鈍い一因かもしれません。
・ただし、仮想通貨の上昇はドルや株価に対する懸念の裏返しであり、金にとって結局は強気要因。
・ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると、各国中銀の18年(通年)の購入量は、最大規模を記録しており、19年に入っても積極的な金シフトが続いている。
・週末は下げ一服なったNY株式市場だが、株価下落を予兆するヒンデンブルグオーメンが発生しており、週明けのNY株式市場が戻りを売られると、金は大きく値を戻すだろう。

 

■Q4:続いて、原油市場の見通しは如何ですか?


A3強弱材料の綱引き相場


NY原油6月限 200日移動平均線NY原油月間騰落率・株価下落に追随して、原油市場も下落していますが、下値は限定的となっています。これは、中東の地政学リスクや、産油国の減産順守の姿勢が背景。
・強弱材料が混在する綱引き相場となっており、現行の200日移動平均線を挟んだ
±3ドル程度のレンジ放れ待ちとなるのではないか?
・過去の季節傾向では、5-6月も強気優勢であるものの、4月と比較すると騰勢は弱い。

 

 

 

 

 

 

■Q5:最後に米農務省から需給報告のあった穀物市場の見通しは如何ですか?


A4投機玉は売り越し


CFTC建玉明細 コーン作付進捗率・大豆コーン共に弱気の内容でした。米中貿易協議の難航や、産地の好天で弱気優勢となっています。
・大口投機玉の買い越しは売り越しとなっているが、7-8月の天候相場の本番を控えていることを考慮すると、天候相場序盤の投機玉売り越しは、天候相場本番で、買いの火種(巻き戻し)になる可能性。安値売込みは避けたい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所