メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年1月20日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1きょう1日の振り返り

・ドル円が110円に乗せた後もしっかりしていることもあり、貴金属・原油市場共に堅調で始まりました。場中に入ったリビアのパイプラインや港湾施設のストップの報道に原油市場は反応するも、米国の休場を控えていることから引けにかけて、様子見ムードが高まりました。

 

■Q2:さて、年初からリスク回避・リスクオンと目まぐるしく動いた商品市場ですが、今後の注目スケジュールを教えてください。

A2米中休場で様子見ムード

スケジュール表

ドル円

・中東情勢の緊張で始まった2020年ですが、米イランの本格的開戦に繋がらず、米中貿易協議「第一段階」合意もあり、リスク回避からリスクオンに大きく針は触れています。

・今週は日銀金融政策決定会合で政策の現状維持を決める公算が大きく、ドル円は、心理的節目111円を試す流れ。三角保合いを上放れて、テクニカル的な動きが加速すれば、東京国際商品市場にとっては追い風となる。

・ただ、米中が休場を迎え、ダボス会議に参加予定のトランプ大統領から不規則発言がなければ、次のテーマになる大統領選挙予備選挙まで様子見ムードが高まるのではないか?ドル高に走れば、トランプ大統領の牽制発言も出るだろう。

 

■Q3:中東の地政学リスク後退で下落していた原油市場も下げ止まりの気配ですね。今後の見通しを教えてください。

A3半値押しで下げ止まる

NY原油 3月限(日足)2019年6月~

NY原油 月間騰落率

・中東情勢の緊張緩和で大きく下落したが、2019年10月安値~2020年高値までの上昇の半値押しと重なる200日移動平均線でサポートされて反発となっている。

・過去の季節傾向では2月は強気傾向の強い時間帯。中東の地政学リスクが具体的な供給障害を伴って発生しなければ、上値も抑えられそうだが、60ドル±3ドル程度のレンジで保合いながら、次の放れ待ちへ。大規模衝突は避けられたものの、殺害されたソレイマニ司令官の没後40日にあたる2月11日(偶然だが革命記念日)が要注意日。政府のコントローの利かない勢力による偶発的な衝突には注意したい。

 

■Q4:先週末に国際エネルギー機関(IEA)月報が発表されましたね。その内容を教えて下さい

A4需給は緩い

米国とOPEC生産量

国際エネルギー機関(IEA)需給見通し

・OPECがロシアなど非加盟産油国と協調減産を順守しても、石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の原油生産が急増していることや、世界的に原油在庫が潤沢なことから、2020年上半期の在庫は依然として、大幅に増える可能性があると指摘。

・米国とイラン関係などの政治的な衝撃があっても乗り切れるとの見解を示した。

・世界的な供給過剰による需給悪化を指摘。2020年前半は供給過剰見通しが継続との見通しが発表された。

 

■Q5:最後に、金相場の見通しを教えてください

A5調整は限定的

NY金2月限(日足)

・NY金が、米主要株式市場が史上最高値を更新しているにもかかわらず、下値が限定的なのは、燻り続ける中東情勢や、株高に対する警戒感、米中貿易協議の「第二段階」以降の交渉が難航しそうなことのほかに、今年は米大統領選挙に影響を与えかねない米利上げは行い難く、ドル円が110円を大きく越えて続伸し難いとの見方も一因。また、中国が早ければ2020年からもデジタル人民元発行を予定していることも一因か?

・短期的には、出来高を伴って付けた1月8日の上ヒゲ高値が目先の天井候補。1月14日安値を割り込むと、チャート形状悪化に伴い売り圧力が一時的に高まる可能性には注意。価格帯別出来高の厚い心理的節目1500ドルまで節目らしい節目がない。1月末~2月初旬にかけて、一目均衡表では雲のねじれが控えており、同時間帯でのトレンド変化に注目。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所