メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年2月15日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

米追加経済対策期待や、新型コロナウィルスの感染拡大が一服していることからの米株高や日経平均の3万円乗せなどを好感して、株価との相関の高い商品が堅調です。

 

■Q2:そういった中、金市場の上値が重いようですがその背景は何ですか?

A2 米金利上昇・暗号資産へ資金シフト

DG:NY金と10年債利回り

CG:SPDR残高とビットコイン

・弱気の雇用統計を受けて、下げが一服したものの、追加経済対策期待から米主要株価指数は最高値を更新。コロナ感染も一服しており、米長期金利は上昇基調を維持していることが金の上値を抑えています。

・更に,ビットコインを始めとする暗号資産が高騰を続けており、債務拡大からの既存の通貨に対する信認低下を材料にした資金の一部が金から暗号資産へ資金シフトしている可能性。

 

 

■Q3:今後の金の見通しは如何ですか?

A3 米10年債利回り上昇⇒米金利上昇・NY銀の急反落・ユーロ安

CG:NY金とユーロドル

CG:NY金52週平均

・米追加経済対策に伴う国債増発観測から米債券市場で長期金利が上昇していることは上値抑制要因。

・一方、イタリア政局はドラギ元ECB総裁就任でユーロ高に振れており、金の支持要因。

・ビットコイン急騰に関しては、米電気自動車のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル(約1600億円)分購入したことが米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになったことがきっかけだが、同時に現金の一部を地金、金の上場投資信託(ETF)などに振り向ける可能性も指摘されており、材料的には中立と見る。

・テクニカル的には、52週移動平均線の攻防が引き続き焦点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:プラチナが堅調ですね。その背景と見通しを教えてください。  

A4JM報告で需給ひっ迫示される

CG:JM報告(白金需給格差)

CG:JPX白金&南ア感染者

CG:NY白金日足

・ジョンソン・マッセイ(JM)が10日公表した統計(暫定値)によると、2020年は、プラチナ、パラジウム、ロジウムなどPGMメタルは全て供給不足。白金は39万オンスの供給不足、19年の不足幅(30万1000オンス)を上回った。

・南ア感染者数は減少傾向であるものの、英アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、南アで見つかった変異株による軽症~中等症の症状を防ぐ効果は低いとの臨床試験結果が発表された。南ア政府は同ワクチンの接種プログラムを一時中止すると発表し、鉱山会社の操業に影響するとの見方も出た。

・NYは、2月11日の十字線高値を上抜くと、一段の踏み上げ相場となる。同水準の攻防が焦点。

 

■Q5:最後に原油相場も堅調ですね。今後の見通しを教えてください。

A5 株高に追随、ストや地政学リスクにも要注意

CG:NY原油とNYダウ

・サウジアラビアが2~3月に日量100万バレルの大幅な自主減産を実施している中、米原油在庫の減少傾向や北東部の寒波懸念が材料視された。相関の高い米株式市場が、軒並み最高値更新したことも一因。

・脱炭素の動きが強まる中、シェール企業への投資は落ち込んでおり、コロナ後の需要回復に供給が追い付かない可能性は残ったまま。以前のように価格上昇に伴うシェール増産圧力は強くない。イランとの核合意復活もハードルは高い。2019年のレンジ上限であった65ドル水準を試す流れ。

・ノルウェーのエネルギー大手エクイノール労組は、賃金をめぐる交渉で合意できなければ、16日からストに入る可能性があり、要注意。

・「内戦状態が続くイエメンの親イラン武装組織フーシ派がサウジアラビアの空港をドローンで攻撃したと宣言した」と12日に伝わっている。地政学リスクにも要注意。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所