メディア掲載

Back Number

  1. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  2. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  3. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  4. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  5. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  6. 2020/03/31 日経新聞
  7. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/03/27 日経新聞
  10. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  12. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  13. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  14. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  17. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  18. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  21. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  22. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム
  23. 2020/03/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  26. 2020/02/26 日経新聞
  27. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  28. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  29. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  31. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  36. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  38. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  39. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  41. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  45. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  46. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  48. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年2月5日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1. 新型コロナウイルス感染拡大を嫌気した流れも一服したように見えますが、商品市場の見通しは如何ですか?

中国・武漢市で発生した新型コロナウィルス感染拡大からリスク回避の動きが強まっていたが、春節休場明けの中国市場で、中国人民銀行(中央銀行)が金融市場に連日で大量の資金を供給した中、「プライムレートと預金準備率の引き下げを実施する可能性が高い」と報じられ、中国政府による積極的な経済対策への期待から、リスク回避の巻き戻しの展開となっている。ISM製造業景況感指数は50.9と、好不況の境目とされる50を半年ぶりに上回った事など、好決算と共に米マクロ経済指標が強いことや、米大統領選挙の民主党指名候補者争いのアイオワ州党大会で開票作業において不一致が見つかり結果発表が遅れ、与党である共和党に有利になったことも株高の一因となった。

株高に伴いNY金は売られ、新型肺炎拡大で大きく売られていた原油市場やゴム市場に下げ止まりの気配が感じられる。

 

原油市場は50ドル以下では産油国の下支え策が講じられそうである事、シェール増産も頭打ち傾向が見え始めてきた事、季節傾向では春高・夏高パターンが確認できる事、中東の地政学リスクは燻ったままであることなどを考慮すると、ここからの安値は売り込むのではなく、チャート上の底打ち確認後、買い主体の戦略を考えたい。

 

アイオワ党員集会を皮切りに、米大統領選挙も本格化し、弾劾裁判はトランプ大統領無罪で終わりそうで、アジア株は上値が重くても、米株は大統領選挙向け施策で新高値を更新しそうであり、新型肺炎の感染力や致死率が急速に上がらなければ、NY株価と相関の高いNY原油も底固めへ移行するだろう。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所