メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年7月22日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・米利下げ観測の後退に伴う金売り、地政学リスクの高まりによる原油市場高が目立った1日でした。


■Q2:7月米FOMCに向けた利下げ観測に各市場は左右されているようですね。

A2:7月に入り利上げ観測アップダウン

利下げ確率(50bp)とNY金
NYダウ 週足
・7月の米利下げ確率は100%ですが、25bpなのか50bpなのかで、各マーケットが揺れ動いています。

・50bp思惑が強まると「ドル売り・NY金買い」、後退すると「ドル買い・NY金売り」となっています。週末は50bp思惑後退で、金は調整売りとなっています。

・一方、NYダウは、上値抵抗だった27000ドルを上抜いたものの、50bpを催促するように下落しています。


■Q3:利下げの思惑のアップダウンで金と株式市場が同じように動いています。この動きは続くのでしょうか?

A3:本来は逆相関、いずれかの値動きが間違い
利下げ確率とNYダウ
NY金とNYダウ
・製造業PMIの悪化など、実体経済と乖離した状況でNY株価は史上最高値を更新しています。利下げ思惑が高まると、株高・利下げ観測が後退すると株安で反応しています。

・教科書的には株価と金は逆相関の関係ですが、足元は米利下げ観測により、同じような値動きを採っていますが、いずれ逆相関の動きに戻ると考えます。

・米中貿易戦争の長期化懸念や、合意なきブレグジット、中東の地政学リスク、米債務上限問題などを考慮すると、「安全資産の顔」を持つ金の押し目買い基調は継続する。金の調整が限定的なのは、ドル安に加えて、先々の株安を見ているからではないか?

 

■Q4:続いて、原油市場の見通しは如何ですか?

A4:ハリケーンリスクは後退・地政学リスクは顕在
NY原油 日足
リグ稼働数と米原油生産
・先週はハリケーンリスクの後退や、米中貿易協議が進まない事などを嫌気して修正局面となり、一時55ドル割れまで続落となった。ただし、米国のハリケーンシーズンは6月~11月。特に8月上旬~10月下旬の3ヶ月間が多い。

・また、イラン「革命防衛隊」がホルムズ海峡で英船籍タンカーを拿捕した事で、中東の地政学リスクが意識され始めている。

・米国内石油掘削リグ稼働数は、前週比5基減の779基。シェール増産も頭打ち傾向で、株価の大きな修正がなければ、心理的節目55ドル水準で下支えられるのではないか?
 

■Q5:最後に、今週~月末の注目スケジュールを教えて下さい。

A5:欧米共に緩和方向
予定表
・FOMC前のブラックアウト期間で、米金融当局者の発言予定もないため、米金融政策面では手掛かり材料難が予想される。そう言った中で、英国保守党選挙、欧州中央銀行(ECB)理事会など欧州に市場の関心が向く可能性。

・25日のECB理事会で9月の利下げを示唆する可能性。米国では、FOMCで利下げを決定するのはほぼ確実視されている。

・参院選終了に伴い日米貿易協議の行方や発言などにも注意したい。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所