メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年7月20日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:ここまでの東京商品先物市場、目立った動きはどんなところでしょうか?

 

A1きょう1日の振り返り

東京市場は週末に4連休を控えて、様子見ムードが強い中、朝方に19日まで延長されたEU首脳会議で、「EU復興基金」について合意が困難になったことで、ユーロ売りドル買いで、海外市場の時間外は下落するも、東京市場は円安ドル高が海外安を相殺して、プラスサイドを維持している銘柄が多い状況です。

 

 

■Q2:まず、今週の注目スケジュールを教えて下さい。

 

A2 商品市場と相関の高いユーロ&米国決算に注意

CG:スケジュール表

・EU首脳会議で、「EU復興基金」について合意が見えてくるか否かが焦点でしたが、市場コンセンサス通り、内部対立は容易に解消されなく、合意は先送りとなった。

CG:ユーロドル(CFTC達玉明細)

・CFTC建玉明細では、ユーロの買戻しは高水準で、ポジション調整が入ると、一時的な下押しも想定される。

・ただし、ユーロドルのチャート形状は好転しており、24日に予定されている欧州主要国及びユーロ圏の7月のPMI(購買担当者景気指数)が強めに出ると、ユーロ高を加速させる可能性もある。

・今週はテスラなどの米主要企業の決算が日本の休場中に控えており、連休明けに金融市場主導で値が飛ぶリスクにも注意したい。

 

 

■Q3:金相場は引き続き堅調ですが、もち合いに入っていますね?

今後はどのような展開が予想されますか?

 

A3 1800ドル水準で底固め

・相関の高いユーロが売られており、NY金も調整が予想されるが、2011年以降の強い抵抗だった1800ドル水準から大きく売られないなら、徐々に同水準での値固め局面に移行するとみる。

・感染拡大が継続見通しで、世界的な緩和相場・低金利は継続しそうであり、金の押し目は買われやすい。

・11月の米大統領選挙に向けて、イラン・北朝鮮情勢など地政学リスクが急変するリスクも残る。

CG:NY金(CFTC建玉明細)大口投機玉短期

・CFTC建玉明細では、大口投機玉の買い越しは整理されており、値段は高いが、買い過剰感の薄い内部要因となっている。

・値固め終了後には、心理的節目1850ドル、1900ドル、20011年9月の史上最高値(1911.6ドル)を試す流れへ。

 

 

■Q4:一方、原油相場ですが、金と同じくもち合いが続いているようですね?

これはOPECの協調減産の縮小が影響しているのでしょうか?

 

A4 40ドル水準での保合い放れ待ち

CG:NY原油(中心限月、日足、2020年1月~)

・15日の共同閣僚監視委員会(JMMC)で、OPECプラスの産油国が、8月から現状の協調減産枠の日量970万バレルの期限延長をせず、同200万バレル縮小して同770万バレルとすることで合意した。日量770万バレルは新型コロナ流行前の世界需要の約8%に当たる。

・5~6月に割り当てられた減産量枠を順守しなかった参加国が8月以降に埋め合わせをするとみられ、実際の減産幅は同810万~830万バレル規模となる見込み。

CG:世界需要見通し(OPEC月報)

・OPEC月報で、2021年の世界石油需要は、過去最高の日量700万バレル増加するとの見通しを示した。米中貿易摩擦や高水準の債務、新型コロナの第2波など一段の下振れリスクがないことが前提としている。

・1月高値~4月安値までの下げ幅に対する半値戻し(41.25ドル)は、価格帯別出来高の厚い水準。同水準が上値抵抗となるのか下値支持となるのか、40ドルを中心とした保合い放れ待ち。

 

 

■Q5:菊川さんは米中摩擦を占う上で穀物市場に注目しているそうですね?

そのポイントを教えて下さい。

 

A5 本格的な対立は回避したい意向か?

CG:シカゴ大豆(輸出成約高)

・米中間の第1段階の貿易合意に基づく中国の買い付けがこのところ顕著になっており、この1週間で中国向けと見られる米国産大豆輸出成約は100万トンを超えている。一時、米中貿易戦争で落ち込んでいた輸入が、昨年度水準へキャッチアップしてきた。

・中国側も次期大統領が誰になるかが明確になるまで、本格的な対立は避けたいと見られる。大規模な洪水被害や蝗害懸念などに対して、穀物在庫を増加させたい意向もあるのだろう。

・米中対立が全面戦争になるか否かのバロメーターとしてウォッチしていきたい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所