メディア掲載

Back Number

  1. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  3. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  5. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  6. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  7. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  8. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  10. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  11. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  12. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  13. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  15. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  17. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  18. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  20. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  21. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  22. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/06/24 日本経済新聞
  24. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  25. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  26. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  27. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  28. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  29. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/06/15 日経電子版
  31. 2020/06/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/06/15 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2020/06/12 日経電子版
  34. 2020/06/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/06/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  36. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  38. 2020/06/04 日経新聞
  39. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  41. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/05/28 日経新聞
  43. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  44. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2020/05/19 日経新聞
  46. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  48. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  49. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/05/14 日経新聞
  51. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年6月3日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

1. 久しぶりにスタジオに菊川さんが戻ってきました。コロナ自粛でのテレワークは如何でしたか?コロナ前後で変わったことはありますか?

テレワーク中には、原油価格の歴史的なマイナス価格ショックや、株価の急落からの反騰など、荒っぽい展開でしたね。ただし、自宅で設備が整っていれば、対応可能な感じでした。対面での講演会も軒並み中止・延期となった一方、今後はオンライン方式が増えそうな感じですね。5G環境に移行していくと、様々な分野でのリモート化の流れは加速しそうです。

 

2. まず、原油市場が堅調ですが、その要因と見通しを教えてください。

米リグ稼働数は11週連続で減り、2009年6月下旬以来10年11ヶ月ぶりの低水準となった。減産ペースが加速するとの見方が広がった。シェール企業の破綻も相次ぎ、シェールオイルの生産量も減少中だ。4月のマイナス価格の一因となった上場投資信託(ETF)が期近を回避。期先限月に分散していることも好感されている。

また、OPECプラスは4日に、テレビ会議方式で会合を開く予定だが、7月以降の減産幅据え置きが期待されている。

5月の国際エネルギー機関(IEA)月報では、2020年の世界の石油需要が過去最大の落ち込みとなるとの予測を示す一方、ロックダウン(都市封鎖)緩和を受け、予想減少幅を縮小。今年の下半期の在庫は減少に転じると予想されており、爆発的な新型コロナ感染再拡大や、米中の急激な制裁合戦が繰り広がらなければ、過去の季節傾向通り、米国のドライブシーズン入りで30ドル水準を下値支持として、1月からの下げ幅に対する半値戻し~61.8%戻しと重なる200日移動平均線が試される流れになるのではないか?

 

3. 金相場の見通しは如何ですか?

先進各国でのロックダウン(都市封鎖)が徐々に解除され、「経済再開期待」が高まっていることが、株高・金の上値抑制要因となっている。

NYダウは、2月の史上最高値~3月の安値までの下げ幅に対する61.8%戻しを達成し、200日移動平均線の攻防に差し掛かっている。コロナショックで 4週間で4割という史上最速ペースの暴落となったが、2週間で半値戻しを達成するなど、「谷深ければ、山高し」との相場格言通りの戻り相場となっている。

実体経済と株価との乖離を懸念する声もあるものの、米国はじめ各国政府・中央銀行は禁じ手を連発して低金利・金融・財政政策フル動員体制を採っている。世界的なジャブ付きが、株式市場に流れ込み、勢いが増している状況だ。

一方、「感染再拡大懸念」や、「米国内での抗議デモ」「米中対立激化・貿易戦争懸念」が、ドルの上値を抑え、金の下値を支えている。また、欧州復興基金への期待感(欧州委員会が新型コロナウイルス支援策として7500億ユーロの復興基金案を公表。事前の独仏提案は5000億ユーロ)からのユーロ高も、ドル売り・金買いの一因となっている。4日に行われる欧州中央銀行(ECB)理事会では、政策変更はないとの事前予想が多数派だったが、ここにきてパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の柔軟化観測も浮上している。

まずは、4日の重要イベントで、金との相関の高い「ユーロ」と「原油相場」が強い基調を継続するか否かが短期的な焦点だ。週末には米雇用統計も控えており、これらのイベントの結果次第では、足元で急速に進んだ株高の動きに調整が入ってもおかしくはない。ただし、景気の最悪期は脱し、経済回復途上との認識が継続するなら、株価がスピード調整以上の下げを見せることもないだろう。

金は保合い放れ待ちの展開。内外共に上放れが確認されると、強気感が増す。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所