メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年1月8日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.菊川さんが昨年末お話ししていた通り、中東の地政学リスクの高まりから金・原油が急騰していますね。今後の見通しを教えてください。

昨年12月のクリスマスの時に「9月高値を起点とした下降トレンドを上抜き、NY金の調整は終了。底を打った相場は天井を打つまで高い」とお話ししたが、米主要株価指数が史上最高値更新にも関わらず、金相場が堅調だったのは、ドル安・株安に対するヘッジ以外に、中東の地政学リスクを睨みながらの動きだったとも言えるかもしれない。本日、寄り付き前に、イランが米軍駐留イラク基地に攻撃開始との報道をきっかけに、NY夜間取引で金・原油が急騰。ドル円は円高ドル安。東京市場が明けてからも、東京金は上場来高値を更新、株価は急落という流れとなりました。情報が交錯しているものの、現段階でトランプ大統領が今晩、声明を発表する予定で、今回のイランからの報復攻撃に対して、どのような行動を起こすのかが焦点。報復の連鎖につながるようなら、金も原油も値頃無用の展開になるリスクには注意したい。一方、双方が口先だけの応酬にとどまるようなら、一旦は落ち着きが出てくる可能性もある。臨時増し証拠金の措置もあり、売り方の踏み上げも一部で見られている。ただし、3月にはイスラエル選挙、米国ではスーパチューズデーが控えており、この辺りまでは、中東の地政学リスクは燻り続けそうだ。「イランVS米国」の構図が、「イラン・イラクVS米国」や「イランVS米国・イスラエル」「イランVS米国・サウジアラビア」「イラン・ロシア・中国VS米国」などへ変化していくと、混迷の度合い・地政学リスクは高まりを見せていくことになる。今年は米大統領選挙年であり、経済合理性よりも、政治的判断が優先されやすい時間帯で、世論調査にも左右されやすい「政治相場」が予想される。今回のイランの攻撃による米国の死者数がゼロもしくは少なければ、ただちの報復は避けられるかもしれないが、死者多数の被害となり、世論がイラン攻撃すべしとなれば、中東リスクは急速に高まるだろう。原油市場は戦略備蓄放出などで上値が抑えられるかもしれないが、ホルムズ海峡封鎖などの最悪の事態となれば値頃無用のリスクは高まる。金市場は、原油と異なり急速な供給増加は期待し難く、調整を入れながら堅調地合いが続くと見る。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所