メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは平成30年5月29日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

1.先週は台湾で講演だったそうですね。如何でしたか?


やはり、米中貿易協議の行方に関心が集中していました。世界全体では製造業PMIなどは頭打ちから下降トレンドに入っており、実体経済と株価の乖離が大きくなっている状態で、株価調整が続くとのお話をしました。
トランプ大統領の大統領選挙に向けての強引な株価延命策が採られれば採られる程、その後の修正は大きくなるとしました。

 

2.ただし、金の上値も重いですね。この背景は何ですか?


株安はNY金にとって強材料である一方、欧州不安でユーロ安・ポンド安に対するドル高・円高が続いている事が、NY金の上値を抑えています。200日移動平均線で支えられているものの、上値が重いのは、ドル高と、安全資産への逃避先の一部に仮想通貨が選ばれている事も一因でしょう。
米経済サイクル的からは、いつリセッション入りしてもおかしくない時間に向かっている中、トランプ大統領の支持率は上昇しており、中国側も天安門30周年を控えて、安易な妥協は採れない時間帯。
6月前半~中盤にかけて、双方の強気姿勢は増していくと思われ、株価の修正は継続見通し。ただし、株価が本格的な調整に入る事は、両国ともに避けたい姿勢が出てくると、大阪G20での米中首脳会談が実現する可能性も残る。

 

3.菊川さんが、要注意とされていた穀物市場が大きく上昇していますね。


ここ数年の大豊作で、穀物市場は上がらないとの思惑が高まり過ぎて、天候相場が始まったにも関わらず、大口投機筋は売り越しとなっていましたが、ここにきて産地の天候悪化による作付けの遅れから、踏み上げ相場となった格好です。週末に発表されたCFTC建玉明細では、買い越しに途転となっています。
今後は産地の天候次第。生育遅れに繋がるようなら、一段高も想定されます。毎週発表される生育進捗率に注目したい。
原油価格は株安に連れて下落しているものの、穀物価格が上昇してくると中期的にはインフレ圧力が浮上してくる。株価を下支えすべく、金利引き下げしたいFRBの舵取りは困難となる。株価の波乱要因。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所