メディア掲載

Back Number

  1. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  2. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  3. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  4. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  5. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  6. 2020/03/31 日経新聞
  7. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/03/27 日経新聞
  10. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  12. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  13. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  14. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  17. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  18. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  21. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  22. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム
  23. 2020/03/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  26. 2020/02/26 日経新聞
  27. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  28. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  29. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  31. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  36. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  38. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  39. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  41. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  45. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  46. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  48. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年2月12日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1. 新型肺炎感染拡大による商品市場の影響は如何ですか?

新型コロナウィルス感染拡大で、商品市場では中国需要の多い原油・ゴム・銅・非鉄などが年初を起点とした値動きで見ると大きく売られています。一方、金は宝飾用需要の落ち込みが予想されるものの、安全資産として買われています。

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスの正式な名称について「COVIDー19」とすると発表。 名称は「 コロナ」「ウイルス」「病気」の英単語の頭文字と「2019年」を由来したもの。

昨晩の海外市場では、中国の新型肺炎の死者が1000人を超え、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているものの、中国政府系の専門家から新型肺炎流行は2月にピークを迎え、4月ごろに終息する可能性があるとの予想を受けて株高に振れている。

 

2. 最も売られている原油市場の見通しは如何ですか?

米エネルギー情報局(EIA)は11日、2020年の世界石油需要の伸びに関する見通しを、日量31万バレル下方修正した。新型コロナウイルスが発生した中国の石油消費需要の落ち込みが背景。また、北半球の大半で、1月の気温が例年より高いことも、下方修正の要因とした。

NY原油市場は、再度50ドルの攻防戦となっています。本日の時間外でも50ドルを割り込む場面が出ており、NYの終値ベースで割り込むと、一時的にテクニカル的な下げ加速があるかもしれないが、新型肺炎拡大がこのまま一服してくるなら、50ドル以下では、減産に難色を示しているロシアも協調減産に動くと思われること、シェール増産も頭打ち傾向が見え始めてきた事、季節傾向では春高・夏高パターンが確認できる事、中東の地政学リスクは燻ったままであることなどを考慮すると、ここからの安値は売り込むのではなく、チャート上の底打ち確認後、買い主体の戦略を考えたい。

 

3.米ニューハンプシャー予備選の影響は如何ですか?

途中経過では、サンダース候補が優勢、2位にブディジェッジ候補がアイオワに続いて善戦している。バイデン候補の落ち込みが目立つ一方、3月スーパーチューズデーから参戦するブルームバーグ候補の支持率が伸びている。

足もとのマーケットでは、左派優勢となっても嫌気するというよりも、トランプ大統領に勝てないとの見方から株価は好感する展開となっている。スーパーチューズデー以降、ブルームバーグ候補が躍進してくると、大統領選挙の行方を見極めようとする動きとなるかもしれない。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所