メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年3月22日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

NY株安の流れを引き継ぎ、東京市場も株安で、週明けの商品市場は、株価との相関が高い銘柄は軟調、本来、株価との逆相関が強い金は堅調となっています。

 

 

■Q2:金が下げ止まってきましたね。その背景を教えてください。

A2 金利上昇も、織り込み済み

NY金&10年債利回り

CG:主要商品(2021年)

・米金利上昇に伴い金価格は下落してきたが、バーナンキショック時と同等の下げ率を達成しており、金利上昇に伴う下げは、一旦は織り込んだ格好。

・「バイデン銘柄」と言われる銅や鉄、異常気象を背景にした穀物、株価と相関の強い原油など、商品市場全体が年初から強含みしているのに対して、金の割安感が目立ち、先週あたりから商品市場の中でも割高銘柄を売り、割安な金を買う動きがでています。

 

■Q3:それでは、今後の金の注目ポイントは何ですか?見通しと合わせて教えてください。

A3 52週移動平均線を回復してくると底打ち感高まる

CG:NY金52週移動平均

CG:NY金&ユーロドル

・金の上値を抑えているもう一つの要因が、ユーロ安。ユーロドルの1.200水準を回復できるか否か、内外金相場が52週移動平均線を回復できるか否かが焦点。

・それぞれ回復してくると、金の底打ち感は高まり、これまでの戻り売り基調から押し目買い基調に転じていく。

・ただし、それぞれ回復に失敗すると、金相場は3月の1番底を改めて試し、その支持帯の強さを確認する展開が想定される。

・支持されれば、2番底確認から、再度、戻りを試す流れへ。一方割り込めば、改めて1番底を探る流れとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:そういった中、今週は菊川さんが注目されるスケジュールがあるそうですね。  

A42021年も供給不足予想

CG:スケジュール表

・米中の外交トップ同士の対面式の会談が行われたが、厳しい応酬となった。双方の国内向けともジェスチャーとも言われるが、この会談よりも後々尾を引きそうだったのが、バイデン大統領の17日に放送されたABCテレビのインタビュー。プーチン大統領について「人殺しだと思うか」と聞かれたのに対して「そう思う」と返答した。就任時点で「史上最高齢の米大統領」となったバイデン大統領だが、大統領選挙期間中も、世論調査で4割近くが認知症であるとの見方があったことが話題になったが、プーチン大統領もバイデン大統領の判断力に問題があると示唆している。

・今週は、パウエル議長とイエレン氏の公聴会証言(3/23-24)の他、バイデン大統領の就任後初となる記者会見(3/25)も予定されている。バイデン大統領は就任して、一度も記者会見を開いておらず、過去100年で最長記録。認知症による失言を避けるためとも言われ、様々な局面での判断ミスが失策につながるリスクもあり、今後の波乱要因となりそうだ。

・米債2年、5年、7年債で総額1830億ドル入札も予定されている。週末のPCEデフレーターと合わせて、金利動向に与える影響に注意したい。

 

 

■Q:菊川さんが仰っていたように調整入りとなってきた原油市場ですが、今後の見通しを教えて下さい。  

A53月は弱気も4月・5月は強気アノマリー

CG:月間騰落率(WTI)

・3月の月間騰落率は、灯油からガソリンへ需要が移行する端境期と言うこともあり、弱気優勢のアノマリーが確認できるが、この後に控える4~5月は再び強気サイクルに入ってくる。4月もサウジの自主減産は継続することに加えて、中東の地政学リスクも潜在している。

・3月安値は春に向けての買い場を提供することとなりそう。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所