メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年7月29日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・今週はFOMC・雇用統計などの重要イベントを控え、週明けの東京商品市場は、全般的に様子見ムードが強い中、金の堅調・原油市場の軟調が目立った一日でした。

 

■Q2:どのようなスケジュールに注目されていますか?教えて下さい。

A2:FOMC・米中貿易協議に注目
今週のスケジュール
NYダウと利下げ確立
・日米の金融政策決定会合がありますが、より注目が高いのは、米FOMC。7月に入ってから、7月FOMCでの金利引き下げ幅がどのようになるかで、マーケットは乱高下している。

・現段階での市場コンセンサスは0.25%の利下げ。仮にコンセンサス通りなら、市場の関心は米中貿易協議の行方に向かう。「0.5%利下げ」+「米中貿易協議進展」なら、リクスオンが高まり、株高・ドル高・金安・原油高で反応しそうだが、「0.25%利下げ」だけで、「米中貿易協議に進展なし」なら、リスクオンの流れは長く続かない。

 

■Q3:この週末にも米中で動きがありましたね。米中貿易協議の見通しと、今後の金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

A3:調整は限定的、押し目買い基調は継続見通し
NY金 週足
・トランプ米大統領は26日、世界貿易機関(WTO)で中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だと主張し、WTOが制度を見直すよう米通商代表部(USTR)に取り組みを指示した。90日以内に進展しなければ、米国として独自に途上国扱いをやめる方針。

・竹島を巡り、日米韓同盟を米中が揺さぶるような動きも出ており、米中の覇権争いの流れの中で、アジア地区の国際秩序も大きく変わりそうで、短期間で貿易協議がまとまる可能性は低いのではないか?

・大幅利下げ観測の後退に伴うドル高や、株高で調整入りしている金相場だが、
1365ドル~1400ドルを下値支持帯とした上昇トレンドに変化はないと考える。10月には消費増税や合意なきブレグジット懸念なども控えて、「安全資産の顔」を持つ金の押し目買い基調は継続するだろう。


■Q4:国内では、消費増税を見据えた貴金属の買いの動きもあるようですね。詳しく教えて下さい。

A4:消費税の差額狙い
消費税に伴う金価格
・国内で金の現物を購入する場合、消費税を買い方は払います。一方、金の現物を
売却する場合、消費税を受けとります。消費増税前に現物を購入して、消費増税
後に売却すると価格が変わらなければ、消費税の差額を受けとることとなります。

・韓国や香港などから、金の密輸が急増している背景が、この消費税の差額狙いの
動きです。消費税のかからない地域で現物を購入して、日本で売却すると、その差額が得られる訳です。特に、金価格が安い時には妙味が低かったものが、円建ての金価格の上昇で、消費増税分の妙味が高まっています。

・特に、今回は秋口に様々な政治リスクの高まりも懸念されており、消費増税前に
買い仕込んでおこうという動きが、国内では顕著です。

 

■Q5:最後に、原油市場の見通しを教えて下さい。

A5:強弱綱引き
NY原油 日足
・強弱材料の綱引き状態で、NY原油は55-60ドルのレンジ入りとなっている。
中東の地政学リスクや、米ハリケーンリスク、米在庫減少傾向、世界的な緩和政
策が下値支持要因。一方、世界的な景気後退観測や、貿易問題の長期化が上値抑
制要因となっている。

・新たな進展が出るまでは、55-60ドルを中心レンジとした保合いで放れ待ち。 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所