メディア掲載

Back Number

  1. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  3. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  5. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  6. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  7. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  8. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  10. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  11. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  12. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  13. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  15. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  17. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  18. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  20. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  21. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  22. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/06/24 日本経済新聞
  24. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  25. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  26. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  27. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  28. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  29. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/06/15 日経電子版
  31. 2020/06/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/06/15 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2020/06/12 日経電子版
  34. 2020/06/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/06/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  36. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  38. 2020/06/04 日経新聞
  39. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  41. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/05/28 日経新聞
  43. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  44. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2020/05/19 日経新聞
  46. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  48. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  49. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/05/14 日経新聞
  51. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年5月25日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1 きょう1日の振り返り

日本でも非常事態宣言解除が期待される中、全般的に堅調な展開となっています。ただし、今晩、米国がメモリアルデーで休場となることから、引けにかけて様子見ムードが高まると思われます。

 

■Q2:その米国のメモリアルデーをきっかけに、ドライブシーズンが始まるそうですね。詳しく教えて下さい。

A2

CG:原油在庫(EIA)

CG:NY原油(年間価格推移)

・米国では、5月末のメモリアルデーから9月の第1月曜日のレイバーデーまでをドライブシーズンと呼びます。この時期は、ガソリン需要が高まり、原油在庫減少も材料視される時期です。

・また、米国ではハリケーンシーズンは、 6月~11月。特に、8月中旬から9月下旬までがもっともハリケーンが発生しやすい時期になることで、ガソリン需要のピークとも重なり、原油市場が夏高パターンを採る原因となっています。

・6月に入ると、米国ハリケーンセンターから今年のハリケーン予想が出ますので、注目したい。

 

■Q3:それでは、今後の原油市場の見通しを教えて下さい。

A3

CG:NY原油(7月限)日足

CG:米石油掘削リグ稼働数&生産

CG:原油需給見通し(IEA)

・4月に歴史的なマイナス価格を付けた後は、産油国の協調減産や、シェール減産などに加えて、経済再開の動きに伴う需要回復期待で反発している。

・IEA月報では、ロックダウン緩和を受け、今年の下半期は在庫減少に転じることが予想されている。

・NY原油(7月限)は、1月高値~4月安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(34.7ドル)で上値が抑えられている。同水準はネックラインとなっており、同水準を明確に上抜いてくると、逆三尊での底入れが意識される。

・下値波乱要因は、米中対立激化やコロナ感染再拡大に伴う需要減少思惑。これらがなければ、半値戻し(40.1ドル)~61.8%戻し(200日移動平均線と重なる45.5ドル)も夏場には試されるだろう。

・当面は30ドル±5ドルのレンジ相場。

 

 

 

 

 

 

 

■Q5:一方、金相場の見通しは如何ですか?

A5

CG:NY金(6月限)&東京金日足(2020年~)

CG:トランプvsバイデン支持率

・東京金は上値抵抗6000円を上抜け上げ加速となったが、NY金は上値抵抗の1775ドル~1800ドルを上抜けず、調整となっている。ただし、東京金は、これまで抵抗だった6000円水準が下値支持に変化している。押し目買い基調継続。

・NYも上値抵抗突破なら、NY・東京の上放れのダブルチェック確認で、上値余地は大きくなる。

・コロナ感染拡大は経済活動再開で一服したものの、実体経済と株価との乖離は大きく、低金利・金融緩和政策が金との逆相関のドルの上値を抑える。

・支持率低迷のトランプ大統領が、米大統領選挙に向けて、米中関係を含めて強硬姿勢を採ってくる可能性があり、調整が入ったとしても金の押し目は買われやすいだろう。

・足元では、南ア鉱山会社(アングロゴールド・アシャンティ)がコロナの影響で操業停止になっている。

 

 

■Q4:先週、プラチナの需給見通しが発表されたようですね。プラチナの見通しも教えて下さい。

A4

CG:白金需給見通し(WPIC)

CG:地金・コイン需要(WPIC)

CG:NY白金(日足)2020年~

・ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)四半期報告で、2020年の白金需要が前年比18%減少する一方で、供給は13%減るとの予想を発表。この結果、約800万オンスの白金市場で24万7000オンスの供給超となる見込み。

・NY白金(7月限)の反発は、金に対する割安感や、中国の大量輸入によるもの。1~3月期の地金・コインの需要は、四半期データを公表し始めた過去5年間で最高となった。通年では前年比2倍の約20トンに増えると予想している。

・NY白金は900ドル前後とみられる生産コスト割れで、安値は買い拾われやすいが、長期的な需給見通しは弱く、NY金が1800ドルを超えて、更に大きく続伸していかないと、900ドル~1000ドル近辺では売り圧力が高まると見る。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所