メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成31年4月22日(月)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。


■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?


A1:きょう1日の振り返り


・グッドフライデーで週末の米国休場で、様子見ムードが強い中で始まったが、時間外で65ドルを突破した原油の上げが目立った1日でした。

 

■Q2:レンジを上放れた原油相場ですが、その背景は何だったのでしょうか?


A2:強弱材料の綱引き


NY原油5月限 200日移動平均線
スケジュール表
・ベネズエラ、イランの制裁猶予期限切れや、リビアやアルジェリアでの内戦に伴う地政学リスクと、ロシアの協調減産終了思惑の強弱材料の綱引きで、高値圏での保合いが続いていたが、本日の時間外取引で65ドルを上抜いてきた。


・仮にレンジが下放れた場合は、協調減産が継続される思惑から売り難い地合いだった。
・一方、GW中のスケジュールを見ると、ベネズエラ、イランの制裁猶予期限が切れるため、上放れリスクが高まっていた。


・ここ最近の株高による需要増加期待も一因だろう。

 

■Q3:今後の原油相場の見通しを教えて下さい。


A3:地政学リスクVS減産終了観測


サウジアラビア生産余力対イランとベネズエラ減産
NY原油 CFTC建玉
・OPEC内で増産余力があるのはサウジのみだが、ベネズエラ、イラン、リビア、アルジェリアが生産ゼロとなった場合、補填する事はできない。


・ロシアやOPEC諸国の協調減産から増産への切り替えが材料視されてくるのは、過熱感ある価格上昇の後であろう。


・毎週発表される大口投機玉の買い越し水準に注意したい。

 

 

  

 

■Q4:先週まで売りが続いた金相場は、本日、原油高に追随したようですね?


A4:ドル高・株高を嫌気も原油高に追随


NY金6月限 200日移動平均線
NY金とNY原油
・先週は、ドル高・NY株高を嫌気して、2月高値を起点とした調整が続いた。変化が起こり易いとした一目均衡表の雲のねじれで下げが加速した格好です。


・弱気の事前予想が多かった米国決算ですが、予想比上振れした企業が多く、株高・ドル高・金売りの要因となっています。


・ただし、本日は原油高に追随して切り返しの動き。金と原油の相関は高く、原上昇が続くなら金の下値は限定的。原油上昇が金利上昇圧力に結びつき、高値圏にある株価に悪影響を与えると、金は改めて買い直されるでしょう。

 

 

■Q5:NYダウが高値更新できなかった場合は、金相場が買い直されると見ているようですね?詳しく教えて下さい。


A5:リーマンショックと類似


NYダウ リーマンショック比較
・仮に、NYダウが高値更新した場合は、株式市場には追撃買いが入り、NY金は200日移動平均線で下げ止まらないだろう。


・反対に、NYダウが高値更新できなかった場合は、NY金は200日移動平均線を割り込んでも短期で買い直されるだろう。


・NYダウは、リーマンショック前の高値と2018年10月の高値を重ね合わてみると、現在の足取りは、サブプライムショック~リーマンショックへの足取りと類似している。当時はサブプライムでの下落一服後、戻り高値を付けた後に、本格的な下落が始まった。


・昨年10月高値を更新できるか否かは、金市場にも大きな影響を与えるだろう。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所