メディア掲載

Back Number

  1. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2019/11/20 日経新聞
  3. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  4. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  5. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  9. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  10. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2019/11/05 Tokyo Financial Street
  12. 2019/10/30 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/10/29 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2019/10/24 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  15. 2019/10/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2019/10/24 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  17. 2019/10/18 みんなのコモディティコラム
  18. 2019/10/15 日経新聞
  19. 2019/10/15 日経ヴェリタス
  20. 2019/10/11 時事通信社「週間見通し」
  21. 2019/10/08 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/10/08 TOCOMスクエアTV
  23. 2019/10/07 ラジオNIKKEI「私の原点」
  24. 2019/10/07 時事通信社「アナリストの目」
  25. 2019/10/01 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/10/01 日経CNBC『WRAP TODAY』
  27. 2019/09/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  28. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  29. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  32. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  35. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  36. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  38. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  39. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  40. 2019/08/13 読売新聞
  41. 2019/08/09 日本経済新聞
  42. 2019/08/08 日本経済新聞
  43. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2019/08/06 時事通信社
  45. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  46. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  48. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  50. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年8月5日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・先週末の雇用統計を受けて進んだ円高ドル安が東京市場で一段と進み、金以外は全般に軟調な展開となりました。

 

■Q2:その雇用統計を受けた市場の反応は如何でしたか?教えて下さい。

A2:トランプ大統領発言・雇用統計でリスク回避

ドル円とNY金 日足
NYダウとNY金 日足
・米雇用統計では、平均時給が予想を上回る伸びを示していたことで、ドル買いの反応も見られたが、米株式市場が下げると直ぐに戻り売りに押された。

・トランプ大統領の対中追加関税に対して、中国政府高官は2日、米国に報復措置を取る姿勢を示し、貿易戦争への懸念から、株売り・ドル売り・金買いで反応した。

 

■Q3:その金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

A3:押し目買い基調は継続見通し

12か月先の景気後退確立
波乱要因
・パウエルFRB議長は、「サイクル途中の政策の調整であって、長期の利下げ局面の始まりではない」と述べたものの、国債スプレッドから予測するNY連銀が発表している12ヶ月先の景気後退(リセッション入り)確率は、30%を超えている。

・FOMCを受けて、米長短金利差が縮小したが、過去を振り返ると、10年債-2年債の逆転が起きてから、しばらくするとリセッション入りとなっている。

・9月にはイスラエルの再選挙、メキシコ『制裁関税』発動の最終結論期日、中国への追加関税、10月には日本の消費増税、英国の合意なきブレグジット懸念、中国建国70周年に合わせた香港の大規模デモ計画など波乱要因が控える。世界各地で不安定な状況は継続しており、金の押し目買いに変化はない。

 

■Q4:東京金市場では、気になるテクニカルのシグナルがあるそうですね。詳しく教えてください。

A4:HORY-GRAILの買いパターン

東京金 日足 20指数平滑移動平均線
NYダウの月間騰落傾向
・トレンドの勢いを表すADXが高水準の中、2日にザラ場で20日間の指数平滑移動平均線を割り込みました。この2日の高値(4972円)を、今後、上抜いてくると、HORY-GRAIL(聖杯)の買いパターンとなります。

・心理的節目5000円が上値抵抗として機能していますが、同水準を超えてくると、利食いをこなしながら、踏み上げ相場となる可能性。

・8月・9月のNYダウの月間騰落を見ると、上げる時は小さく、下げた場合は大きくなる傾向が確認できます。
 

■Q5:一方、原油市場は急落しましたね。詳しく教えて下さい。

A5:NY株価との相関高い

NYダウとNY原油 日足
NY原油月間騰落率
・NY原油(9月限)は、NYダウの急落を受けて、6月末から続いていた55-60ドルのレンジ相場を下放れ下げ加速。三尊天井完成となった。

・ネックラインと重なる心理的節目55ドル水準を、早々に回復できるか否かが焦点。戻りを見せても、再度、ネックラインを割り込むと、リターンムーブからの反落パターンとなる。

・過去の季節傾向を振り返ると、夏高・秋安パターンが確認される。米国のドライブシーズンやハリケーンリスクが下値を支えるものの、具体的な供給障害を伴う地政学リスクが浮上するか、株価が大きく値を戻さなければ、戻りは売られやすい展開が予想される。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所