メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年6月17日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1きょう1日の振り返り
・FOMCを控えて、ドル円が小動きの中、週明けの東京商品市場は、金が利食い先行、原油は押し目買い、コーンは踏み上げの展開となりました。

 

 

■Q2:今週は、FOMCがありますが、商品市場に与える影響は如何ですか?
A27月での利下げ観測高まる
Fedウォッチ
・18~19日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利は据え置きとなる見通し。声明や、FRB議長会見などで、7月の利下げを示唆するような内容となればドル売り・金買いとなりそうだが、7月利下げはかなりの部分織り込まれている状態。
・週末のNY金は、長い上ヒゲ陰線で引けており、調整含みが予想される。

 

 

 ■Q3:それでは、今後の金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

A3ネックラインを割り込まなければ、値幅調整ではなく日柄調整

NY金(8月限)日足NY金週足


・NY金(8月限)は、週末に1350ドルを上抜いたものの、戻りは売られて長い上ヒゲ形成。

・今週のFOMCで利下げが予防的に実施されると、高値更新の可能性はあるが、早々に上ヒゲ高値を上抜けなければ、短期的には調整が予想される。ただし、米利下げ観測が強い中、値幅調整でなく、日柄調整となる可能性も。

 ・FOMC声明や議長会見で、7月以降の利下げへの見方を、どのように示すかが焦点。

・週足の長期チャートで見ると、1120-1375㌦レンジ内の動きが続いている。中長期的には終値ベースで、レンジ上限~1400ドルを上抜いてくると、本格的な上昇相場が始まる。レンジ内では逆張り。レンジブレイクで、上放れに付いていきたい。

 

 

 ■Q4:続いて、タンカー攻撃のあった原油市場の見通しは如何ですか?

A4需給見通しは弱気。地政学リスクは強気要因
2019年世界需要の伸び
NY原油(日足)
・先週発表された国際エネルギー機関(IEA)月報では、米エネルギー情報局(EIA)月報やOPEC月報同様に、原油需要見通しを下方修正しました。「貿易見通しの悪化がすべての地域で共通のテーマになっている」と指摘。需給見通しが弱い事は原油価格の上値抑制要因。

・一方、中東の地政学リスクが高まる事、燻り続ける事は、下値支持要因として意識されそう。

・今回のタンカー攻撃の犯人は、明確にならない可能性がある中、米中の貿易摩擦懸念が再び原油市場の焦点になる可能性。
・50-55ドルのレンジ相場放れ待ち。

 

 

■Q5:最後に、大幅続投しているコーン市場の見通しを教えて下さい。

A5作付面積は弱気
シカゴコーン 大口投機玉

・作付遅れが顕著となっており、天候相場の分岐点と言われる独立記念日にかけて、天候次第で、上値リスクが高まる。

全米作付け進度

・投機玉のポジションは、買い売り共に拡大余地あり。天候次第で上も下も変動率の高い時間帯に向かう。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所