メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年7月6日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1きょう1日の振り返り

米中対立が懸念されていた上海株が大幅続伸したこともあり、金は海外時間外取引安と円安が相殺、株価と相関の高い原油・白金と天候懸念からコーンがしっかりした動きを見せています。

 

 

■Q2:ます、今週の注目スケジュールを教えて下さい。

A2 ユーロに注目

CG:スケジュール表

CG:ユーロドル週足(2018年~)

・ドル円が狭いレンジでこう着する中、今週は商品市場と相関の高いユーロの動向に注目が集まりそうです。

・9日(木)に非公式ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)、10日(金)にEU財務相理事会が開催予定。欧州委員会で提示された7500億ユーロ規模の基金「EU復興基金」の行方が焦点。次週に控えるEU首脳会議(17-18日)で、「EU復興基金」について合意が見えてくるか否か、今週の財務省会合での各国のコメントに注目が集まる。

・また、今回のユーログループで投票が行われる次期議長人事に向けた動きも要注目。イタリアなどの南欧諸国はスペインのカルビニョ副首相兼経済相を推すとみられる一方、オランダなどの支持を受けてドナフー・アイルランド財務相が次期議長となった場合、基金への合意は難しくなる可能性も。オランダ・オーストリア・デンマーク・スウェーデンの「frugal four(倹約4か国)」は「EU復興基金」に強く反対しており、合意が難航している。

 

 

■Q3:金相場が1800ドルに乗せてきましたね。

A3 NY金2000ドルへスタート

CG:NY金(日足・4本値)2020年~

CG:雇用統計時のNY金&ドル円(5分足)

・予想以上の米雇用統計を受けて株価やドルは買い、金は売りで反応したが、今回の統計には、6月にカリフォルニアやフロリダ、テキサス州などで始まった新型コロナ感染者数急増の影響は含まれていないことや、米国では1日に新型コロナの新規感染者数が過去最多となり、株式市場は高値から値を削り、金の押し目は買い直される展開となった。

・長らく上値抵抗となっていた1800ドル水準を、米独立記念日前のポジション調整もあり、週足終値ベースでは維持できなかったが、今週、1,800ドル維持なら、ゴールドマン・サックスが6月19日付のリポートで12ヶ月見通しとして挙げた2,000ドルへの道が開始される。

 

 

 

 

■Q4:ただし、テクニカル面からは要注意のシグナルもあるようですね。詳しく教えて下さい。

A4自己相似形がどこまで続くか

CG:NY金(週足・4本値)2011年~

・NYは、2015年12月安値を起点に左右相似形を描いており、自己相似形が継続するなら一旦は、高値の節目を付けて良い時間帯に入っている。

・また、保合い放れ時の天井の日柄と言われる、2019年に上放れた三角保合いの頂点の時間帯に接近しており、日柄からは一旦、節目を付けても良い時間帯に入る。

・ただし、米国内での感染が拡大しており、次回の雇用統計は悪化が予想される中、調整が入っても下値は限定的ではないか?20日間・50日間安値を更新しない限りは、中長期上昇トレンドに変化はでない。テクニカル分析では、左右相似形は自己相関が崩れた際には、崩れた方向に大きく動意付くとされる。1800ドルを超えていくなら、自己相関の終焉からの反発パターンも想定される。

 

■Q5:最後にコーン市場の見通しを教えて下さい。

A5季節傾向に注意

CG:シカゴコーンCFTC(2019&2020比較)

CG:シカゴコーン月間騰落率(7月)

・コーンベルト産地は最終生産高に大きな影響を与える受粉期に入っている。この時期にホット&ドライが産地を襲うと上値は大きくなる。

内部要因は、安値売込み型になっている。ただし、過去の7月のシカゴコーンの騰落率を振り返ると、月初高・月末安傾向が確認され、産地の天候懸念が実際の単収減につながらないと、噴値は売り圧力が高まりやすい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所