メディア掲載

Back Number

  1. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  3. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  5. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  6. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  7. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  8. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  10. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  11. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  12. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  13. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  15. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  17. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  18. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  20. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  21. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  22. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/06/24 日本経済新聞
  24. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  25. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  26. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  27. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  28. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  29. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/06/15 日経電子版
  31. 2020/06/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/06/15 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2020/06/12 日経電子版
  34. 2020/06/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/06/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  36. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  38. 2020/06/04 日経新聞
  39. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  41. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/05/28 日経新聞
  43. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  44. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2020/05/19 日経新聞
  46. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  48. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  49. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/05/14 日経新聞
  51. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年5月27日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1. 菊川さんが仰っていたように、4月のマイナス価格示現以降、堅調を続けている原油市場の見通しは如何ですか?

 

歴史的なマイナス価格ショックは一巡して、下値を切り上げている。5月からはOPECプラスの協調減産が始まり、6月にはサウジ・UAE・クウェートの自主減産、7月には予定されていた減産幅縮小も延期が予想されている。

シェール企業の破綻も相次ぎ、シェールオイルの生産量も減少中だ。4月のマイナス価格の一因となった上場投資信託(ETF)が期近を回避。期先限月に分散していることも好感されている。

5月の国際エネルギー機関(IEA)月報では、2020年の世界の石油需要が過去最大の落ち込みとなるとの予測を示す一方、ロックダウン(都市封鎖)緩和を受け、予想減少幅を縮小。今年の下半期の在庫は減少に転じると予想されている。

石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長は20日、OPECプラスは、過去最大規模となる日量970万バレルの協調減産で合意し、今月1日から実施に移しているが、これまでのところ日量600万バレル程度の減産を実施中と述べており、減産順守率の高さも好感された。

22日のアジアの時間帯の急落は、中国の全国人民代表大会(全人代)で国家安全法が採決され、香港に対する治安維持の名目で締め付けが強化される見通しであることや、中国政府が2020年の国内総生産(GDP)目標の発表を見送ったことが弱材料視された。

NY原油(7月限)は、1月高値~4月安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(34.7ドル)で上値が抑えられている。同水準はネックラインとなっており、同水準を明確に上抜いてくると、逆三尊での底入れが意識される。半値戻しは40.1ドル。61.8%戻しは、200日移動平均線と重なる45.5ドル。米国では、メモリアルデー(5/25)から本格的なドライブシーズンとなる。

 

2. コーン相場にも注目されているようですね。その要因を教えてください。

現段階では、順調な作付け・生育が続いており、豊作期待から昨年同様に大口投機玉は売り越し幅を拡大させている。ただし、昨年は6月に入り、米コーンベルトでの降雨および低温予報を受けて、作付・生育遅れ懸念が強まる中、中東の地政学リスクからの原油高や、メキシコ向けの大口成約などを背景に、大口投機筋のショートカバーを巻き込みながら、急騰した。

今年は、昨年よりも値位置が低い中、投機玉の売り越し幅は、同水準にまで拡大しており、相関の高い原油相場が切り返しを見せていることを考慮すると、新規は、売りではなく、買い主体の戦略を考えたい。

秋の収穫の時期までに、何度となく天候が囃される時期は訪れる。米中対立や、新型コロナウイルスの感染2次爆発懸念などはあるものの、内部要因からは安値売込み型となっており、弱材料が出ても下げにくくなっている。

 

 

3. 最後に、金相場の見通しは如何ですか?

先週、東京は上値抵抗6000円を上抜け上げ加速となったが、NY金は上値抵抗の1775ドル~1800ドルを上抜けず、調整となっている。ただし、東京金はこれまで抵抗だった6000円水準が下値支持に変化している。押し目買い基調継続。NYも上値抵抗突破なら、NY・東京のダブルチェック確認で、東京の上値余地も大きくなる。

世界的な経済再開の動きに伴う株高が上値抑制要因。一方、米中対立懸念や感染二次爆発の恐れ、ドル安が下値支持要因。NY金が高値更新できない場合、東京金の上値も重くなると思われるが、下値は限定的であろう。実体経済と株価の乖離は大きく、米大統領選挙までは不確定要因が多い。金の押し目は内外ともに買い拾われるだろう。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所