メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年7月27日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:ここまでの東京商品先物市場、目立った動きはどんなところでしょうか?

 

A1:日本の4連休中に、米中対立激化懸念から金が大幅続伸した事で、本日の東京市場は金がGAPを空けての大幅上昇・上場来高値更新となっています。

また、株価指数先物から商品先物まで一体的に取引ができる総合取引所設立に向け、本日から東京商品取引所から大阪取引所に貴金属やゴム、農産物の取引が移管されたことで、ご祝儀ムードと共に、連休明けの移管でシステム運用に問題ないかを見極めようとする動きも見られていますね。

 

 

■Q2:まず、9年ぶりに最高値更新となったNY金ですが、

その背景を教えて下さい。

 

CG:NY金(8月限日足)&ユーロドル 7月~

A2

・先週の注目として挙げたEU首脳会議で、難航していた7500億ユーロ規模の欧州連合(EU)復興基金が合意となり、金と相関の高いユーロが急伸した事が上昇のきっかけとなった。

CG:NY金(8月限日足)&上海総合株価指数 7月~

・さらに、ポンペオ国務長官演説で7月に入り急伸していた上海総合株価指数が、米中対立激化懸念で反落したことも材料視された。

 

■Q3:米中対立懸念は深刻さを増していますが、

今後、金相場はどのように展開しそうですか?

 

A3

・米中対立は「貿易戦争」から「覇権戦争」へ移行しつつあり、長期化・激化が想定される。ポンペオ国務長官演説で、「習近平総書記は、破綻した全体主義のイデオロギーの真の信奉者だ。」と述べ、ニクソン政権で始まったいわゆる「関与政策」に終止符が打たれた。米中対立は新たなステージに入ったと見るべきだろう。

・9月は6日に、香港立法会選挙の投開票、29日には第一回の米大統領候補の討論会が行われることを考慮すると、9月にかけて米中対立は徐々に激しさを増すだろう。

・ここにきて、中東情勢もきな臭さを増している。イランでは、重要インフラの火災・爆発が相次いでおり、サウジではサルマン国王(84歳)入院により、サルマン皇太子体制に不透明感が出ている。

CG:NY金(CFTC建玉明細)大口投機玉短期

・週末に発表されたCFTC建玉明細による金の大口投機家のポジションは、依然として過熱感には乏しく、上値を試す流れが続きそうだ。ただし、価格上昇に伴い証拠金引き上げや臨時まし証拠金などの措置が出ると、投機的な過熱感は一旦、冷まされる可能性があり要注意。

 

 

 

■Q4:一方、白金ですが、独自要因が出てきたようですね?

その要因と今後の展望について教えてください。

 

CG:コロナ感染グラフ(ワースト5)

A4

・白金生産高の約7割を占める南アの新型コロナウイルスの感染者が急増し、ペルーを抜き世界で5番目となった。13日に夜間外出禁止令が出されているが、鉱山生産に影響してくると、独自要因として供給リスクも材料視されてくる。

http://192.168.131.163:8080/adm/web_mng//market-datas/access_cx_data/img/media/20200727_5.png

・一方、23日の十字線を上抜けば、一段高だが、早々に上抜かないと、天井感が意識されるチャート形状。同水準の攻防が鉱山生産動向と合わせた焦点。       

 

■Q5:最後に、原油市場の見通しを教えて下さい。

 

CG:NY原油&ユーロドル(日足)

A5・メキシコ湾岸に、熱帯性低気圧「HANNA」が発生しており、石油精製施設に供給障害が起きるなら、上値試しも要想定。

・ただし、45ドルを超えてくると、米シェールが増産を再開すると思われ、新型ウイルス感染拡大がピークアウトしなければ、9月レーバーデーを過ぎると、米国ドライブシーズン終了も意識される。

CG:NY原油&上海総合株価指数(日足)

・また、相関の高いユーロが上昇しているのは強気要因だが、同じく相関の高い上海株価指数は米中対立激化を嫌気して反落していることが上値を押さえそうだ。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所