メディア掲載

Back Number

  1. 2019/11/20 日経新聞
  2. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  4. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  5. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  8. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  9. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2019/11/05 Tokyo Financial Street
  11. 2019/10/30 みんなのコモディティコラム
  12. 2019/10/29 日経CNBC『WRAP TODAY』
  13. 2019/10/24 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2019/10/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2019/10/24 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  16. 2019/10/18 みんなのコモディティコラム
  17. 2019/10/15 日経新聞
  18. 2019/10/15 日経ヴェリタス
  19. 2019/10/11 時事通信社「週間見通し」
  20. 2019/10/08 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2019/10/08 TOCOMスクエアTV
  22. 2019/10/07 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2019/10/07 時事通信社「アナリストの目」
  24. 2019/10/01 みんなのコモディティコラム
  25. 2019/10/01 日経CNBC『WRAP TODAY』
  26. 2019/09/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  28. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  29. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  34. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  36. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  37. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  39. 2019/08/13 読売新聞
  40. 2019/08/09 日本経済新聞
  41. 2019/08/08 日本経済新聞
  42. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2019/08/06 時事通信社
  44. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  47. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  49. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは平成30年6月17日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

1.NYダウが27000㌦を越えてきましたが、商いが伴っていません。菊川さんの見方は如何ですか?

 NYダウが日足・週足共に先週終値ベースで、心理的節目27000㌦に乗せてきました。これまで上値抵抗となっていた同水準を抜けた事で、三尊天井の可能性は後退。
 テクニカル分析の教科書的には、新たな上昇トレンド入りが基本です。ただし、櫻井さんがおっしゃるように、出来高増加を伴っておらず、ダマシの可能性も残ります。
パウエルFRB議長の議会証言で。利下げ観測が高まった事が株高の背景であり、実体経済との乖離が続く中、株高にもかかわらずNY金の調整は限定的となっています。
 金のマーケットから見ると、このまま最後のバブルのような恰好で株価が上昇しても、その後の反落は大きくなる予想から金は買い、バブル化しなくとも、既に最高値圏にあり、ここから株価が調整に入っても良いように買いは維持というような感触です。
 夏~秋にかけての政治スケジュール等を考えると、英国の合意なきブレグジット、米国の債務上限問題、中国の北戴河会議、イスラエルの再選挙に伴う中東の地政学リスクの高まりなどを考慮すると、米利下げサイクル入りでの金の押し目買い基調に変化は出ないと考えます。

 

2.原油市場の見通しは如何ですか?

 55-60㌦のレンジをハリケーンリスクで上放れたが、日本の連休中にハリケーンは熱帯性低気圧に勢力を落とし、メキシコ湾岸の製油所施設は再開された。大きな被害は回避された上に、イランと米国が話し合いに歩み寄ったとの報道もあり、足元は地政学リスクとハリケーンリスクのプレミアムが剥げ落ちた格好。
 ただし、秋にかけてハリケーンリスクや地政学リスクは残ったままで、株価がよほど大きな調整に入らなければ、55ドル水準で支えられるのではないか?


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所