メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年7月13日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:ここまでの東京商品先物市場、目立った動きはどんなところでしょうか?

 

A1

新型コロナ感染拡大と経済再開の綱引き相場が続く中、東京市場は金が引き続き堅調、週末の強気のIEA月報を受けた原油市場も堅調、一方、農務省需給報告は強気だったものの、産地の降雨予報で穀物市場は反落となっています。

 

 

■Q2:まず、今週の注目スケジュールを教えて下さい。

CG:スケジュール表

A2

・今週は、中国GDPや、米金融機関の決算以外に、7月17~18日に開催されるEU首脳会議で、7500億ユーロ規模のEU復興基金が合意に向けて動き出すか否かが焦点。

・EU首脳会議前日に行われるECB理事会は、金融政策の現状維持が事前予想だが、ラガルド総裁がEU復興基金についてどのような発言を行うのかに注目。              

・先週9日、ユーロ圏財務相会合は、退任するセンテノ議長の後任にアイルランドのドナフー財務相を選出したが、復興基金に反対するオーストリアの支援を受けている。

・全会一致原則がある為、復興基金に反対するオランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンの4ヶ国が賛成に回らないとユーロの上値は重くなる。

・15日の共同閣僚監視委員会(JMMC)が注目。現状の協調減産枠の日量970万バレルが今月末までの期限で終了するのか、再び延長されるのかが焦点。

 

 

■Q3:新型コロナ感染拡大など、不透明感が高まっている中、

金相場が引き続き堅調ですね?

CG:NY金&ビットコイン2020年~

A3

・新型コロナ感染拡大と経済再開の綱引き相場が続く中、どちらに転んでも、金は買われやすい地合いとなっている。

・コロナ感染拡大なら株価下落に対しての「ヘッジ買い」需要があり、経済再開期待から株高となっても、これまでリスク回避で買われたドルが対主要通貨で売られる地合いで、「通貨の顔」の金として買われている。

・中長期的には、各国の巨額財政赤字拡大に伴う中央銀行の信用力低下が材料視される可能性が金やビットコインに資金が向かっている一因。

・さらに、米国の内向き姿勢の強化が、国際秩序の大規模な分断・再編成を招き、各地で地政学リスクの火種が燻っている事が、「安全資産」としての金の買い要因にもなっている。

 

 

 

 

■Q4:それでは、金相場の今後の見通しを教えて下さい。

 

A41800ドル水準が下値支持に変化

CG:NY金(CFTC建玉明細)大口投機玉短期

・2011年以降の強い抵抗だった1800ドル水準を上抜いていた。

・CFTC建玉明細では、短期筋と見られる大口投機玉の買い越しは3月の急落で整理されており、新たに買いを積み増しやすい地合い。値段は高いが、買い過剰感の薄い内部要因となっている。

・1800ドル水準を下値支持として、中期的には、20011年9月の史上最高値(1911.6ドル)を試す流れが継続しそう。V=1838.2ドル、N=1878.4ドル、E=1920.5ドルなどがカウント可能。

 

 

■Q5:最後に原油市場について、

現状と今後の見通しについてお願いします。

 

CG:NY原油&NYダウ(日足)

A5・NYダウとの相関の高い値動きが続いているが、今週は独自材料として、14日に共同技術委員会(JTC)、15日に共同閣僚監視委員会(JMMC)が行われる。

・現状では協調減産枠の日量970万バレルは7月末までの期限で、それ以降年内は同770万バレルに引き下げ、つまり増産することが予定されている。

・OPECプラス全体として増産になるなら、上値は重くなる。

・減産延長なら上値が試されそうだが、コロナ感染が落ち着かなければ、200日移動平均線を越えていくのは困難。40ドルを挟んだ保合い継続で、新たな材料が出るまでは放れ待ちの展開か?34.6ドル(20日間安値)が下値支持。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所