メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年6月24日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・FOMC後の金買い、原油買いの流れが、週明けの東京商品市場でも継続しました。円高が海外高を一部相殺も、堅調な動きとなりました。

■Q2:金(GOLD)が大幅高となっていますが、その背景は何ですか?

A2:利下げ観測+テクニカル買い

Fed Watch
NY金週足
・先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利は据え置きとなりましたが、声明や議長会見を受けて、FedWatchでは、7月の利下げ確率が100%になるなど、年内の利下げ観測が急速に高まり、ドル売り・金買いが進んだ。

・NY金は2015年の米利上げ以降、1380~1400㌦水準で上値を抑えられていたが、長く続いたレンジをブレイクした事で、踏み上げ相場の様相となった。
・東京市場も価格上昇に伴う臨時増証拠金が掛かっており、売り方は厳しい状況。

 

 

 

■Q3:それでは、今後の金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

A3:短期的な調整は予想されるものの、新たな上昇トレンド開始

NY金8月限日足
PMI 
・NY金は、米利下げ局面入りと共に1120-1375㌦レンジを上抜いた事で、ファンダメンタルズ面からもテクニカル面からも、新たなステージに移行したと考える。短期的な急上昇に対する調整は予想されるものの、長期トレンドはボックス相場から上昇トレンドへ移行した。

・G20での米中首脳会談で、市場の期待以上の合意が見られるようであれば、一旦、株高・ドル高・金売りで反応する可能性はあるものの、米利下げ観測が先延ばしとなっても、利上げ観測に変化するようなことがない限り、押し目は買い直されるだろう。

・実体経済と株価の乖離が続く中、過去の利下げ局面を振り返ると、利下げしてしばらくして、リセッション入りとなっている。米大統領選挙へ向けた株価延命策が長引けば長引く程、その後の反動は大きくなると見る。

・中東の地政学リスク、英国のハードブレグジット懸念など、波乱要因が多い中、金の押し目買い基調は変わらない。

■Q4:続いて、その中東の地政学リスクで上昇している原油市場の見通しは如何ですか?

A4:OPEC総会延期。地政学リスクは強気要因

Ny原油8月限日足
NY原油季節傾向
・NY原油(8月限)は、50-55ドルのレンジを上放れて、上げ加速となった。パターン分析では、ダブルボトム完成となった。ネックライン(6/10高値:54.84㌦)~心理的節目55㌦が下値支持帯。4月高値~6月安値までの下げ幅に対する半値戻しは58.52㌦。61.8%戻しは60.39㌦が上値目標。

・国際エネルギー機関(IEA)月報などでの需給見通しは弱気となっていますが、中東の地政学リスクが燻っている事が強気要因となっています。緊張が高まっている中東情勢と、G20での米中首脳会談の行方が焦点。

・こちらも市場の期待以上の米中合意があれば、一段高。なければ反落も、6月安値を割り込むような下げは、期待し難い。中東の地政学リスクや、減産延長観測が下値を支える。

・石油輸出国機構(OPEC)総会は、6月25・26日から7月1・2日に変更。G20以降の価格を見ながら、減産延長動向を決定すると思われる。

 

■Q5:最後に、コーン市場の見通しを教えて下さい。

A5:7月は変動高いが陽線確率は低い

シカゴコーン陽線確率
シカゴコーン月間騰落率
・天候相場の天王山と言われる独立記念日にかけて、変動の高い相場が予想されます。過去の季節傾向を見ても7月は変動の高い時間帯です。

・ただし、月ごとの陽線確率を見ると、低い傾向で、天候を囃されて7月初旬に高値を見せた場合は、7月末に調整が予想される点に注意したい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所