メディア掲載|レポート・市況

Back Number

  1. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  3. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  4. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  5. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  8. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  12. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  13. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  15. 2019/04/22 日経ヴェリタス
  16. 2019/04/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  17. 2019/04/09 みんなのコモディティコラム
  18. 2019/04/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2019/04/08 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  20. 2019/04/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2019/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  22. 2019/03/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2019/03/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/03/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  25. 2019/03/25 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/03/22 時事通信社「週間見通し」
  27. 2019/03/18 日経ヴェリタス
  28. 2019/03/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/03/12 TOCOMスクエアTV
  30. 2019/03/07 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  31. 2019/03/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2019/02/27 みんなのコモディティコラム
  33. 2019/02/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/02/25 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2019/02/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  36. 2019/02/15 時事通信社「アナリストの目」
  37. 2019/02/15 日経電子版先物取引30周年マーケットレポート
  38. 2019/02/14 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  39. 2019/02/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  40. 2019/02/07 Yahoo!ファイナンス
  41. 2019/02/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2019/02/04 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  43. 2019/02/04 日経ヴェリタス
  44. 2019/01/31 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  45. 2019/01/29 みんなのコモディティコラム
  46. 2019/01/29 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/01/28 日経ヴェリタス
  48. 2019/01/24 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2019/01/22 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/01/21 時事通信社「アナリストの目」
  51. 2019/01/18 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成30年2月6日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.トヨタの決算が先ほどあり、弱気な反応を見せていますが、商品市場にも何か影響はありますか?


今年は世界的に自動車販売予想は弱気なものが多く、排ガス触媒として使われる白金にとってはマイナスとして働きそうです。1月は株価の自律反発に追随して、白金価格は上昇しましたが、中長期的には電気自動車シフトに伴う触媒用需要の激減が予想される中、足もとは、米中貿易協議への期待感からの株高や、ディーゼル車からガソリン車へのシフト思惑で上昇しているパラジウム高、安全資産として買い直されている金価格上昇に追随しているものの、戻りは売られやすいと考えます。800ドル以下では短期リバウンドを狙う動きも出てきそうですが、あくまで短期売買での買いと見られます。
特に、来週は政治イベントが相次ぐ。メイ英首相は7日、ブリュッセルでEU側と会談する予定。議会が可決した離脱協定案の修正を求める構えだが、3月のブレグジット期限を前に不透明感は強い。14日には英議会での採決が予定されている。
15日には米暫定予算期限も到来する。自動車関税に関する報告期日も間近だ。週明けにはムニューシン財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が北京を訪問し、閣僚級の貿易協議を開催する。2月末には米朝首脳会談が控える。ボラティリティの高まるにも注意したい。

2.原油の見通しは、如何ですか?


NY原油は2018年12月安値を中心とした自己相似形を形成しており、もうしばらく50-55ドルレンジの保合いとなりそうです。ただし、今年は5月初旬にイランへの再制裁が控えるが、ベネズエラへの制裁優期限も4月末日で、春先にかけて中東リスクは高まりそうです。

レポート

TOPへ