メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは平成31年4月24日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.株価の上昇が止まりません、一方、金の調整が続いていますが、今後の見通しは如何ですか?


米中貿易協議の行方に楽観的な見方が増えている事や、弱気予想が多かった決算発表に予想比上振れする企業が多い事などが材料視されています。NYダウは、2018年10月高値に上値が抑えられているものの、ナスダックは史上最高値を更新するなど、強い動きが継続しています。
米国や中国の一部のマクロ経済指標には強気のものも発表されていますが、世界全体では製造業PMIなどは頭打ちから下降トレンドに入っており、実体経済と株価の乖離が大きくなっている状態でもあります。
NY金は、200日移動平均線の攻防に差し掛かっていますが、過去を振り返ると、長短金利差逆転が起きてから、しばらくして景気後退局面(リセッション入り)している。また、米景気サイクルからも、過去最長の好景気期間に接近しており、株価の延命措置が大きければ大きいほど、長ければ長いほど、株価の調整は大きくなり、金の上値は反対に大きくなると見る。
現段階で、NY金の底打ち・NY株式市場の天井打ち確認はできていない状況だが、チャートパターン上の底打ち・天井打ちパターンがそれぞれ確認されれば、積極的にポジションを採る機会になると考えます。

 

2.上昇が続く原油の見通しは如何ですか?


NY原油は、高値圏での保合いを上放れて、心理的節目70ドルが意識される流れとなっています。産油国の協調減産が順守率の高いまま継続している事、米中貿易協議に対しての過度の悲観論後退で需要増加が期待される中、イランへの制裁優期限の延長は認めないとの米国の姿勢や、それに対応してイランがホルムズ海峡封鎖の可能性をイランが示唆した事などが材料視された。
大口投機玉の買い越しが過熱ある水準にまで拡大していくなら、要注意。ホルムズ海峡閉鎖となれば200ドル相場があっても、おかしくないものの、その可能性は現段階では低く、価格上昇に伴い産油国の増産などが後付け的に、材料視される可能性。5月も過去の季節傾向からは強気有利な時間帯だが、4月と比べると月間の騰落率は低い傾向。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所