メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年3月4日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1. 荒い動きが続いていますね。FRBが緊急利下げしたにも関わらず、株価は反落となりました。その背景や今後の見通しは如何ですか?

 

昨晩のNYダウは大幅反落。午前中に緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.50%引き下げると発表。声明文では「経済を支えるために適切に行動する」と主張し、発表直後は381ドル高となる場面があったが、前日に急騰しており、「知ったら終い」となった。米国でも新型コロナウイルスの感染者数が増えた事も一因。

主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁の電話会議で協調姿勢の共同声明が発表されたが、具体策がなく、株安に振れた。

今回の動きは、2008年のリーマンショックの時と類似している。この際も、最初は株安に対して金買いで反応したが、株式市場がパニック的に下げ始めると、金も損失補填的な売りや、キャッシュ化比率の引き上げに伴う売りに押された。

ただし、この動きが一巡すると、株安・金高の動きに戻り、最も早く・大きく値を戻したのが金相場だった。

今回もリセッション入りで株価が大きく崩れるのなら、金相場は買い直されるだろう。一方、緊急利下げや、トランプ大統領の株価下支え策を背景にリセッション入りを回避できなるなら、金の上値は限定的になる。

株価の自律反発後の2番底探り場面で、今回付けた1番底を維持できるか否かが金相場を占ううえでも重要。

 

 

2.過去の緊急利下げ局面では如何でしたか?

 

直近では、2008年のリーマンショックの際の緊急利下げだが、この際はNYダウもドル円も上値が抑えられ下降トレンドが継続。追加利下げを招く格好となった。

 

 

3.原油市場は下げていますね。今後の見通しは如何ですか?

 

OPEC加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」が、5~6日に予定する臨時会合で現在の減産枠を拡大するとの観測が根強い。現行の減産規模は日量170万バレルで、期限は3月末までとなっている。

ただ、相場の上値は重い。OPECプラスが日量100万バレルの追加減産で合意しても需給をバランスさせるには不十分であるとみられている。

 パウエルFRB議長が記者会見で「米景気への見通しが大幅に変わった」との発言も、米経済が想定より悪いとの連想につながり、原油需給が緩むと警戒された事も一因。

NY原油とNYダウの相関は、リーマンショック時も高く、株価の不安定さが続く間は、原油の上値も抑えられやすい。まずは、週末にかけての産油国の協調減産拡大の動きが、どうなるかが焦点。

 

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所