メディア掲載

Back Number

  1. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  2. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  3. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  4. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  5. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  6. 2020/03/31 日経新聞
  7. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/03/27 日経新聞
  10. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  12. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  13. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  14. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  17. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  18. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  21. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  22. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム
  23. 2020/03/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  26. 2020/02/26 日経新聞
  27. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  28. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  29. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  31. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  36. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  38. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  39. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  41. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  45. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  46. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  48. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年2月10日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?
A1
・米雇用統計は強気となったものの、新型肺炎拡大観測からNY株価が下落した事や飛び石連休の谷間であることを嫌気して、本日の東京市場はリスク回避が高まった1日となりました。金が堅調、原油の下落が目だった1日でした。

 

■Q2:お話にあった米雇用統計を受けたNY金市場の反応は?
A2
NY金&ドル円(5分足)
Viz:NYダウ(日足・年初~)
・1月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比22万5000人増え、市場予想(16万人増)を上回った事で、ドル買い・NY金売りで反応したが、FRB金融政策報告書で「新型肺炎の発生は中国景気に混乱を招き、世界景気にも広がる可能性がある」と指摘した事で、ドルの上値・金の下値はそれぞれ限定的だった。
・米株式市場で主要株価指数が下落したことも、金買いの一因となった。

 

■Q3:東京金は、テクニカル面から強気シグナルが出たそうですね?
A3
CG:東京金(日足4本値)20指数平滑移動平均&ADX 2020年1月~
CG:東京金(日足)満月・新月 2020年1月~
・東京金は、トレンドの勢いを表すADXが30以上と高水準の中、2月5日にザラ場で、20日間指数平滑移動平均線を割り込んだが、2月5日高値(5507円)を上抜き、2月5日安値割れにストップロスを置く「HORY-GRAIL」の買いパターンとなった。
・2月9日は満月だったが、過去、東京金は、満月に安値の節目・新月に高値の節目を付ける傾向が確認される。次の新月(2/24)に向けて、下値を切り上げるパターンとなるかもしれない。

 

■Q4:今週の予定で、菊川さんの注目は?
A4
CG:スケジュール表
CG:新型肺炎死者数(中国)
・10日に予定されている中国の休業明けに伴い感染拡大があるのか否かに注意したい。13日からは湖北省でも休業明けが予定されている。
・11日~12日にかけてWHO専門会合が予定されている。新型肺炎の治療法やワクチン開発について専門家が協議する会合で、前週に材料視された新ワクチンの評価などが注目。
・トランプ米大統領は6日、国際テロ組織「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)のカシム・アル・リミ指導者を反テロ作戦で殺害したと発表。AQAPはイエメンを拠点に活動するスンニ派過激組織。11日はイスラム革命記念日。報復テロ等にも注意したい。
・FRB理事候補には、かつて金本位制性を提唱した人物も含まれる。大統領選挙の予備選の行方と共に、FRBの金融政策の行方にも注目したい。

 

■Q5:最後に原油市場の見通しは?
A5
CG:NY原油&NYダウ(日足)2019年10月~
CG:リビア石油生産
・石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の共同技術委員会(JTC)は、日量60万バレルの減産を勧告。閣僚間の直接協議に委ねられるが、ロシア当局者は、国内で議論するため時間的猶予を求めた。
・NY原油は、再度、2019年6月・8月・10月と支持された心理的節目50ドルの攻防戦となっている。同水準で下げ止まるか否かが焦点。50ドルを割り込み下げ加速となる可能性はあるが、その場合は、ロシアが減産協調となりそう。
・リビアの石油生産量は、内戦による港の封鎖は3週目に突入したことで、カダフィ元最高指導者への抗議運動が起きた2011年以来の低水準へと落ち込んでいる。これまでお話しした通り、50ドル以下での安値を売り込みたくない。チャート上の底打ち確認後の買い場探し。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所