メディア掲載

Back Number

  1. 2019/11/20 日経新聞
  2. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  4. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  5. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  8. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  9. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2019/11/05 Tokyo Financial Street
  11. 2019/10/30 みんなのコモディティコラム
  12. 2019/10/29 日経CNBC『WRAP TODAY』
  13. 2019/10/24 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2019/10/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2019/10/24 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  16. 2019/10/18 みんなのコモディティコラム
  17. 2019/10/15 日経新聞
  18. 2019/10/15 日経ヴェリタス
  19. 2019/10/11 時事通信社「週間見通し」
  20. 2019/10/08 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2019/10/08 TOCOMスクエアTV
  22. 2019/10/07 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2019/10/07 時事通信社「アナリストの目」
  24. 2019/10/01 みんなのコモディティコラム
  25. 2019/10/01 日経CNBC『WRAP TODAY』
  26. 2019/09/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  28. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  29. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  34. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  36. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  37. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  39. 2019/08/13 読売新聞
  40. 2019/08/09 日本経済新聞
  41. 2019/08/08 日本経済新聞
  42. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2019/08/06 時事通信社
  44. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  47. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  49. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和元年8月21日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

 

1.先週、菊川さんがお話ししたように、米国で逆イールドが発生して、金が再び、買われました。足元は調整に入っているようにも見えますが、今後の見通しは如何ですか?

 

NY金(12月限)は、13日に上下に長いヒゲを形成。このレンジ内での保合いに移行しています。
ジャクソンホールでの23日のパウエルFRB議長講演を待つ展開。今週発表されるFOMC議事録は、FOMC後にトランプ米政権が対中制裁関税「第4弾」の発動を表明しており、大きくは材料視されないだろう。9月以降、FRBは利下げで対応すると思われるが、既にNY連銀が発表している12ヶ月先の景気後退確率は30%台を超えている。金融市場では株価下落で大幅利下げ期待が広がっており、パウエル議長発言に注目が集まる。

香港で「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動が続き、軍部隊の投入による鎮圧も辞さない姿勢を中国政府が示している。9月11日~12日に香港で開催される「一帯一路サミット」に向けて、緊張感は高まる。10月1日の「中国建国70周年」、来年1月の台湾総統選挙に向けて、波乱は続きそうだ。仮に、香港が第二の天安門事件のような事態に陥った場合は、世界の金融ハブであるが故に影響は大きい。

米中貿易問題と香港デモは、密接にリンクしており、月内に行われるとみられる米中電話協議の行方と共に注意したい。
24日には先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が開催されるが、首脳宣言の採択が見送られる見通しで、山積している諸問題を解決できるめどはない。サミットは1975年に仏ランブイエで初めて開催され、それ以降毎年、世界経済や国際情勢などをめぐる議論の成果を「首脳宣言」などの形でまとめてきた。包括的な成果文書が発表されなければ初めてとなる。

9月には対中関税、イスラエルの再選挙、10月には、消費増税、合意なきブレグジット懸念など、新興国リスクを含めて、世界各地でブラックスワンになりうる火種は多い。何がブラックスワンとなるかは不明だが、実体経済悪化と株価の高値との乖離は、株価の修正で起こりそうだ。金の買い主体の戦略を継続したい。

足元は、団子天井となるのか、上昇過程での中段の保合い形成なのか、見方が分かれるところだが、NY金は13日の下ヒゲ安値を割り込まない限り、値幅調整ではなく、日柄調整で、次の上放れを待つ展開となりそうだ。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所