メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年3月15日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

円安・株高の動きを好感して、週明けの商品市場も国際商品中心に堅調となっています。

 

 

■Q2:NYダウが堅調ということで、株価と相関が強い商品が堅調のようですね?具体的に教えてください

A2 株価上昇に伴う需要増加期待

CG:バイデン銘柄

CG:主要商品(2021年1月起点指数化グラフ)

・米国では先週10年債、30年米国債の入札に大きな波乱もなく、NYダウは過去最高値を更新。追加経済対策も成立し、ワクチン接種も進んでいることで、景気回復期待の高まりと共に、需要増加期待が高まっている商品が上昇している。

・需給タイト感が強い穀物市場に加えて、特に、いわゆる「バイデン銘柄」と言われる脱炭素・グリーン化・電気自動車関連で長期的な需要増加期待が高まっている銘柄群の強さが目立つ。

・一方、年初からの動きでは、「バイデン銘柄」と言うテーマから外れている金の下落が目立つ。

 

■Q3:その金ですが、今後の見通しは如何ですか?

A3 バーナンキショックとの比較からは、そろそろ底値圏か?

CG:NY金&10年債利回り2013年~)金利上昇局面網掛け

CG:NY金&ユーロドル2020/10~

・先週末に再び米金利が上昇、ドル買い・金売りとなっているが、過去の10年債利回り上昇に伴う金利上昇局面におけるNY金の下落率を当てはめると、1700ドル以下は底値圏との計算もでき、金利上昇に伴う下げ圧力は、かなりの部分、織り込み済み。

・既に2018年安値~2020年8月までの上昇に対する38.2%押しを達成しており、深押ししても半値押し(1612.2ドル)まで。それよりも、1700ドル以下、円建てでは5900円以下は、実需を含めた押し目買いが下値を支えそうだ。

・今週のFOMCなどを受けて、相関の高いユードルが支持線を回復できるかどうか、内外共に金相場が52週道平均線を回復できるかが焦点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:一方、白金市場は金安が上値を抑えているものの、株高が下値を支えています。国際調査機関報告でも需給タイトが予想されたそうですね。詳しく教えてください。  

A42021年も供給不足予想

CG:白金需給格差(WOIC)

CG:触媒&投資用需要(WPIC四半期報告)

・ワールド・プラチナ・インベストメント・カウンシル(WPIC)の四半期報告「プラチナ・クォータリー」における供給不足見通しを受けて堅調となった。

・ただし、供給不足は3年連続だが、生産が回復し、不足幅が過去最大だった20年(29トン)からは大幅に縮小する。

・需要面では景気回復で自動車向けが大幅に増える一方、投資向けは半減する見通し。

・実需に加え投資用需要も期待されている銀と比べると投機資金流入は限定的となりそうだ。

 

■Q:最後に、堅調な原油市場ですが、3月は季節傾向があるようですね。教えれ下さい。  

A53月は弱気アノマリー

CG:月間騰落率(WTI)2000年~

・OPECプラスの生産調整に加え。追加経済対策やワクチン接種進展、中東の地政学リスクの高まりなどから株高に追随している原油市場だが、3月の月間騰落率は、灯油からガソリンへ需要が移行する端境期と言うこともあり、弱気優勢のアノマリーが確認できる。具体的な供給障害が起きる地政学リスクがなければ、月末に向けて調整が進む可能性にも注意したい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所