メディア掲載

Back Number

  1. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  3. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  5. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  6. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  7. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  8. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  10. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  11. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  12. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  13. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  15. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  17. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  18. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  20. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  21. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  22. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/06/24 日本経済新聞
  24. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  25. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  26. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  27. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  28. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  29. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/06/15 日経電子版
  31. 2020/06/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/06/15 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2020/06/12 日経電子版
  34. 2020/06/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/06/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  36. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  38. 2020/06/04 日経新聞
  39. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  41. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/05/28 日経新聞
  43. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  44. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2020/05/19 日経新聞
  46. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  48. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  49. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/05/14 日経新聞
  51. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年5月18日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

 

A1きょう1日の振り返り

「経済再開期待」と「感染の2次拡大懸念」の綱引きの中、内外共に株価が堅調だったこともあり、週明けの東京商品市場も全般に堅調推移となっています。中でも東京金が上場来高値を更新、原油・石油製品市場がNY時間外の30ドル台回復を受けて、一部1000円を超える上昇となっているのが目立っていますね。

 

■Q2:まず、NYで納会を控える原油市場の見通しは如何ですか?

当先の鞘グラフ(3日分)

 

A2

・4月の歴史的なマイナス価格は、受け渡し絡みの局所的な事態で、今月の納会(5/19)での鞘滑り懸念は後退している。「鞘の変化は相場の転機」と言われるが、当先の大幅「順サヤ」は「同サヤ」に移行し、底打ちを暗示している。

 

■Q3:先週は国際エネルギー機関(IEA)や米国エネルギー情報局(EIA)月報も発表されました。今後の原油市場の見通しを教えて下さい。

原油上昇の背景

原油需給見通し(IEA)

 

A3

・4月安値から切り返してきた背景は、以下の通り。

5月からOPECプラスの協調減産開始

6月からサウジ・UAE・クェートが追加自主減産 

7月からの協調減産縮小を延長

シェールオイル減産

各国での経済再開の動き

上場投資信託(ETF)が期近を回避。期先限月に分散。

 

・IEA月報では、2020年の世界の石油需要が過去最大の落ち込みとなるとの予測を示す一方、新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン緩和を受け、予想減少幅を縮小。今年の上半期は日量970万バレルの在庫積み増し予想であるが、今年の下半期は同550万バレルの取り崩しとなり、在庫減少に転じることが予想されている。

・5月最終月曜日のメモリアルデーから米国ドライブシーズンが始まり、ガソリン需要が回復・在庫が減少に転じていく。再度の感染拡大がなければ、下値リスクは限定的。30-35ドルを試す流れ。20ドルが下値支持。

 

 

 

■Q4:一方、金相場の堅調さの背景は何ですか?

金日足(2020年~)

 

A4

・世界的なコロナ感染拡大に伴う景気後退懸念や、低金利政策が長期化しそうなこと、各国での財政政策に伴う債務膨張が、通貨自体に対する不安感となっており、金買いの一因。

・5月22日から中国の全人代が開催される。米国では大統領選挙年であり、米中共に内政から弱気姿勢を採り難い時間帯で、米中対立構図(貿易戦争・覇権争い)は継続する見通し。

・コロナ感染が拡大傾向を辿っている発展途上国(資源国)や、ドイツと南欧諸国との分断が深まっている欧州発の財政危機・通貨ショックの可能性も否定できない。

・安全資産・通貨の顔、それぞれの材料が強気視されている。

 

 

■Q5:上場来高値を更新した東京金の見通しを教えて下さい。

東京金(日足)2020年~

 

A5

・東京は6000円の上値抵抗を上抜いてきた。終値ベースで6000円を維持すると、トレンドフォロー型のマネー流入でテクニカル的な上げが加速しそうだ。噴き値の利食いは可能だが、新規売りは避け、押し目買い・追撃買い主体の戦術を考えたい。

・ウィズコロナ、アフターコロナの世界は、これまでの国際秩序が大きく変わる不透明感の強いものとなりそうで、実需の落ち込みはあっても、金市場への投機資金流入は継続見通しだ。

・東京に続いて、NYも上値抵抗の1800ドルを超えてくると、東京市場の上昇に勢いがつく。一方、1800ドルを抜けきれなかった場合は、東京も一旦は、利食い先行となりそうだ。ただし、これまでの抵抗であった6000円水準が下値支持に変化する可能性。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所