メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年7月1日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・G20での米中首脳会談で、最悪の事態は回避され、週明けの東京商品市場でもリスクオンの流れとなりました。金が調整安、株価との相関の高い白金・原油などが上昇となりました。

■Q2:金(GOLD)が調整、白金が反発となっていますね。
この背景は何ですか?

A2

NY金8月限日足
NY白金10月限日足
・年内の米利下げ観測が急速に高まり、長く続いたレンジを上抜けた事で、踏み上げ相場となり、1450ドル手前まで大幅続伸しましたが、G20を前に短期的な上昇に対する利食いも入りやすい時間帯でした。
・注目された米中首脳会談が、最悪な事態が回避されたことに加えて、米朝首脳会談も開催されたことで、週明けの東京市場はリスクオンの流れが強まり、「安全資産」として買われた金に利食いの動きが見られています。
・時間外で1400ドル割れとなっています。一方、NY白金は800ドル以下の底値圏が確認された中、株高に伴う需要増加期待で買われました。ただし、長期的な需給悪化見通しから戻りは限定的と見ます。

 

 

 

■Q3:それでは、今後の金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

A3

NYダウ週足
NY金週足
・米中首脳会談では最悪の決裂という事態は回避されたが、概ね市場の予想の範囲内で、問題の先送りに過ぎないという見方も多く、NY株式市場が上値抵抗となっている27000ドルを上抜くようなことがなければ、リスクオンに伴う金(GOLD)の調整安は限定的となる。
・合意なきブレグジットや中東の地政学リスク、米国のリセッション入りを前にしたFRBの舵取りの困難さなどを考慮すると、「安全資産の顔」を持つ金の押し目買い方針は維持したい。
・今週末には雇用統計が控えており、実体経済の減速が確認されるようなら、米利下げ・ドル売り・金買いの動きが再開されるだろう。

 

 


■Q4:続いて、今週、OPEC総会を控える原油市場の見通しは如何ですか?

A4

NY原油日足
NY原油 月間騰落率
・7月1日は午前に共同閣僚監視委員会(JMMC)、午後からOPEC総会。
2日はOPECと非OPEC産油国の閣僚級会議が実施されるが、プーチン大統領は29日、G20大阪サミット出席後に大阪で記者会見し、サウジアラビアのムハンマド皇太子との会談で、協調減産を7月以降も続けることで合意したと明らかにしている。
・米中首脳会談での合意に加えて、協調減産合意で、まずは上値試しで始まりそう。
・55-62ドルのレンジ相場で次なる放れを待つ流れへ。季節的な夏高傾向や、イラン国内の低濃縮ウランの貯蔵量は核合意で定められた上限をまもなく上回る見通しで、9月にイスラエル再選挙などが控えている事を考慮すると、レンジ上放れの可能性が高いか?終値ベースで心理的節目60ドルを上抜けると、5ドルレンジアップへ。
 

 

■Q5:最後に、作付面積が発表された穀物市場は、強弱差が出たようですね。
詳しく教えて下さい。

A5:大豆は強気・コーンは弱気

作付面積・意向面積・事前予想比較
・事前予想比で、大豆は強気、コーンは弱気となりました。
・コーンは7月、大豆は8月の天候が最終生産高に影響する。7-8月の天候次第で、大豆・コーンに値動きの差が出る可能性には注意したい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所