メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2018/12/10 日本経済新聞
  2. 2018/12/07 日経電子版先物取引30周年マーケットレポート
  3. 2018/12/06 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  4. 2018/12/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  5. 2018/12/04 日本経済新聞
  6. 2018/11/26 みんなのコモディティコラム
  7. 2018/11/21 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  8. 2018/11/21 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  9. 2018/11/21 時事通信社「アナリストの目」
  10. 2018/11/15 日本経済新聞
  11. 2018/11/15 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  12. 2018/11/15 日経CNBC『WRAP TODAY』
  13. 2018/11/09 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  14. 2018/11/06 日本経済新聞
  15. 2018/11/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2018/11/02 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  17. 2018/10/31 Yahoo!ファイナンス
  18. 2018/10/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2018/10/23 Yahoo!ファイナンス
  20. 2018/10/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2018/10/17 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  22. 2018/10/15 日経電子版先物取引30周年マーケットレポート
  23. 2018/10/11 時事通信社「アナリストの目」
  24. 2018/10/04 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  25. 2018/10/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  26. 2018/10/01 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  27. 2018/10/01 みんなのコモディティコラム
  28. 2018/09/27 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  29. 2018/09/20 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  30. 2018/09/13 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  31. 2018/09/13 日本経済新聞
  32. 2018/09/12 日本経済新聞
  33. 2018/09/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2018/09/07 Yahoo!ファイナンス
  35. 2018/09/06 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  36. 2018/09/05 日本産業新聞
  37. 2018/09/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2018/09/03 日本経済新聞
  39. 2018/08/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  40. 2018/08/27 時事通信社「アナリストの目」
  41. 2018/08/27 日本経済新聞
  42. 2018/08/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2018/08/21 みんなのコモディティコラム
  44. 2018/08/20 日経電子版先物取引30周年マーケットリポート
  45. 2018/08/20 みんなのコモディティコラム
  46. 2018/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  47. 2018/08/16 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  48. 2018/08/15 日本経済新聞
  49. 2018/08/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2018/08/13 日経ヴェリタス
  51. 2018/08/13 日本経済新聞

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成30年9月3日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1
・米中、米アルゼンチンの貿易摩擦懸念や、米国のレイバーデーに伴う3連休入りで、様子見ムードからのポジション調整主体の1日となりました。

 

■Q2:9月に入りましたが、菊川さんが注目されているスケジュールにはどんなものがありますか?
A2政治イベント相次ぐ

・まず、レイバーデー明け後に、米国とカナダとの貿易協議が再開されます。メキシコとは12月の新政権発足前に協議をまとめたい意向が働いたが、カナダは来年に選挙を控え、簡単な妥協をし難い環境。
・トランプ大統領は、6日のパブリックコメント提出期限後に対中追加制裁を示唆しており、米中貿易摩擦懸念の高まりが意識される可能性も。
・米中貿易問題と北朝鮮問題は表裏一体の側面もあり、建国記念日~東方経済フォーラムで、何らかの変化や進展があるか否かにも注意したい。

 

■Q3:それでは、個別の商品のお話も伺っていきたいと思います。まず、底打ち感も出てきた金相場ですが、9月の見通しは如何ですか?
A3FOMCで知ったら終いも


・週末には雇用統計も控えるが、貿易摩擦に関心が集まると、強気の内容であっても、追加利上げ観測に伴うドル高・NY金売りの動きは限定的となるか?
・大口投機玉の売り越しは、3週連続となったが、2002年の売り越し時と同じように、売り越し序盤で一番底を形成している。9月の利上げ観測は高いが、2015年以降の米利上げと金価格の関係を振り返ると「知ったら終い」となる可能性もあるだろう。

 

 

 

 


■Q4:新興国通貨や、ユーロの動向も金に影響を与えているそうですね。詳しく教えて下さい。
A4貿易摩擦に加えて新興国リスク・欧州リスクにも注意


・新興国通貨の不安定な動きが継続しています。新興国通貨安・ドル高が、NY金相場の売り要因となっている。
・また、英国のEU離脱を巡る不透明感もポンド安・ユーロ安からのドル買いに繋がって、金売り要因となっています。特に、ユーロドルと金との相関は高く、週末のフィッチに続き、ムーディーズがイタリアの格付け見直しを予定しており、ユーロ売りや新興国通貨売りが続くと、金相場は2番底を探る動きも想定される。
・この場合、1200ドル水準を維持できれば、日柄で調整、割り込むと値幅調整で、2番底を探る展開となりそうだ。

 

 

 

■Q5:最後に原油市場の見通しを教えて下さい。
A5強弱交錯でレンジ相場


・10月から戦略備蓄放出が決まっており、米中通商協議に進展がみられない一方、11月から米国の対イラン制裁の第2弾が始まることからイランの原油輸出が大幅に減少することは避けられない公算で、需要の下振れリスクと供給の下振れリスクの綱引き状況で65-70ドルのレンジ入り継続見通し。
・先週のNY原油は、上値抵抗の70ドルを一時突破したが、維持できず。例年、レイバーデーで米国のドライブシーズンは終了し、冬の暖房油需要が始まる前の需要の端境の時期は、軟調傾向が確認される。
・月間騰落率を見ても、9月以降は売り方有利の時間帯で、72ドル水準の抵抗は強いと考える。

レポート

TOPへ