メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成31年5月27日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

きょうは日産証券の菊川 弘之(きくかわ・ひろゆき)さんに伺います。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

 

・メモリアルデーで米国市場が休場となる中、金は小動きであったのに対して、白金・原油・コーン市場の上昇が目立った1日でした。

 

■Q2:小動きの金ですが、その背景と今後の見通しは如何でしょうか?

A2:200日移動平均線が下値支持

 

NY金6月限 日足

NY金とドル円

NY金とダウ平均株価

・先週は原油安もあり、金は調整局面となったが、200日移動平均線が下値支持となった。

・米マクロ経済指標の弱気が増える中、利下げ期待からドル売り円買いの動きがある一方、欧州の不安定さからユーロ売りドル買いが続いており、ドル円は横ばい相場から脱せない事が、金市場の横ばいが継続している一因。

・米中貿易協議の行方は、6月の大阪G20まで、不透明感が続くものと思われ、株価も横ばいとなるなら、金も保合で日柄を稼ぐ放れ待ちの展開が続きそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q3:一方、プラチナ相場が反発していますが、その背景は何ですか?

A3:割安感あるものの需給は弱い

 

NY白金週足

NY白金-NY金 週足

・短期的な大幅下落で割安感が材料視された格好です。金との価格差は過去最高水準まで拡大。

・リーマンショック以降、800ドル以下は底値圏として意識されている水準で、短期リバウンド狙いの買いが入ったと考えます。

・ただし、長期的には電気自動車へのシフトが予想され、排ガス触媒用需要の減少が見込まれる中、よほど大きな供給障害がなければ、800-900のレンジを上放れる動きは期待し難い。

 

 

 

 

 

■Q4:続いて、先週大きく下落した原油市場の見通しは如何ですか?

A4:チャート形状は悪化

 

NY原油7月限 日足

・先週、NY原油は200日移動平均線を割り込み、下げ加速となりました。パターン分析からは、200日移動平均線と重なるネックラインを割り込み、三尊天井完成となり、チャート形状は悪化。これまでの60-65ドルレンジが、55-60ドルレンジへ切り下がった格好です。

・ただし、55ドルを割り込み下落するようなら、6月のOPEC総会で協調減産が延長される可能性が高まる。メモリアルデーから秋のレーバーデーまで米国はドライブシーズン入りで、需要面からの支持も期待される。株価の大幅下落がなければ、60±3ドル程度のレンジ相場が継続見通し。

 

■Q5:最後にコーン市場の見通しは如何ですか?

 

A5:産地の異常気象を背景に売り方の踏み上げ相場

 

シカゴコーン CFTC建玉明細

シカゴコーン 全米作付け進捗

・豊作期待から天候相場にもかかわらず大口投機玉が売り越しとなっていたのが、中西部での異常気象からの作付遅れで買い越しに途転した。

・売り方の踏み上げ相場となったが、ここからは、天候相場の天王山と言われる独立記念日にかけての天気次第。

・作付遅れに続いて、生育遅れが顕著となるなら、450㌣台を試す流れとなるが、お天気回復で順調に生育するなら、400㌣水準は、昨年6月以降の天井圏となっており、上値が抑えられる可能性。天候次第で踏んだら終いとなる可能性にも注意。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所