メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年3月8日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

強気の雇用統計や、米上院で追加経済対策が可決したことなどを好感して、週明けの商品市場も全般的に安値を買われて堅調推移となっています。

 

 

■Q2:米金利上昇が商品市場にも影響を与えている中、今週は注意すべきスケジュールが相次ぐようですね。教えてください

A2 ブラックアウト期間

CG:注目スケジュール

CG:雇用統計日&10年債利回り

・3月6日(土)からFOMC前のブラックアウト(FOMCの前々週の土曜日から FOMC終了時まで、FOMCメンバーの金融政策に関する発言禁止)期間となる。過去、この期間は米国金利低下傾向がある。

・また、米大統領選以降、ここ数回の雇用統計を見ると、雇用統計後に一旦、米金利が頭を打つ傾向も確認できる。

・ただし、10日に10年米国債、11日に30年米国債の入札がある。2月末には7年米国債入札が不調で、金利上昇、市場の波乱要因となった。仮に金利が急ピッチで上昇しても、FRB当局者が口先介入できない時間帯。

・また、追加経済対策が上院で可決し、14日までに成立見通しであることも金利高要因となる。ブラックアウト期間中の波乱気味の動きや投機的な仕掛けには要注意。

 

■Q3:米金利上昇を受けて金は続落していますが、今後の見通しは如何ですか?

A3 バーナンキショックとの比較からは、そろそろ底値圏か?

CG:NY金と10年債利回り

・2013以降、長期金上昇とNY金の関係を振り返ってみると、「金利上昇⇒NY金下落」の構図が見て取れる。NY金(4月限)は、依然としてチャート上の底打ち確認はできないものの、過去の10年債利回り上昇に伴う金利上昇局面におけるNY金の下落率を当てはめると、1700ドル以下は底値圏との見方もとれる。

・過去の金利上昇局面での、最も下落が大きかったバーナンキショック時のNY金下落率を当てはめてみると、8月4日終値(2039.8ドル)から18.1%安(終値ベース下落率)なら1670.59ドル。18.7%安(最大下落率)なら1657.9ドル。

・既に2018年安値~2020年8月までの上昇に対する38.2%押しを達成している。半値押しは1612.2ドル。

 

・NY金は、出来高を伴った長い下ヒゲや、長大陽線などの底打ちパターンが出現すれば、安値売り込みを避け、買い場探し戦略が有効ではないか? 円建て金に関しては、米金利上昇からの円安ドル高は下値支持要因にもなるだろう。

 

 

 

 

■Q4:一方、原油市場は金利上昇の影響を受けずに堅調ですね。その背景と見通しを教えて下さい。  

A4株安に追随

CG:NY原油とNYダウ

CG:月間騰落率(WTI)

・「石油輸出国機構(OPEC)プラス」が4日の会合で、3月の生産水準を4月も継続することで合意したほか、サウジアラビアが日量100万バレルの自主減産を継続すると表明したことから急伸した。

・事前予想では4月に減産規模を50万~100万バレル程度縮小するとの見方が優勢だっただけに、前日までに売りに傾けていたポジションの巻き戻しも入った。

・今回の協議でロシアは日量13万バレル、カザフスタンは同2万バレルの増産が認められたが、国内需要を満たすため。

・米テキサス州の寒波被害による影響は、依然として製品中心に残っており、これも下支え要因。

・米追加経済対策も成立見通しで、金利上昇を嫌気した株の暴落等がなければ、上値試しが継続しそう。

・7日には、サウジアラムコの石油施設に、イエメンのフーシー派によるミサイル攻撃やドローン攻撃を実施しており、中東の地政学リスクには注意したい。

 

 

■Q5:最後に、農務省需給報告を控えた穀物市場の見通しを教えてください。

A5 3月のコーン季節傾向は弱気

CG:3月月間騰落率(コーン)

大豆と比べて在庫率は高く、足元では、価格上昇による需要減少のレーショニングが指摘され、価格帯別出来高の厚い心理的節目550㌣水準が上値抵抗として意識され始めている。3月の季節傾向も、弱気優勢な時間帯。

・  3月末には作付意向面積が発表されるが、米農家はコーンよりも需給タイト感が強い大豆作付を増加させる見通しで、下値は限定的であろう。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所