メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年6月22日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:ここまでの東京商品先物市場、目立った動きはどんなところでしょうか?

 

A1

米中対立懸念や新型コロナ感染第二波が再度、意識される中、金は堅調、他の国際商品市場は軟調推移となっています。週末から中国が端午節、来週には米独立記念日を控えて、積極的に買う動きが避けられている感じです。

 

 

■Q2:ます、菊川さんが先週注目スケジュールとして挙げた、

全人代常務委員会議の結果について教えてください。

 

A2

CG:スケジュール

 

・週末に行われた全人代常務委員会議(18-20日)では、香港「国家安全法制」の関連法案について20日の最終日に採決せず、継続審議とする見通しとなった事に続き、「米中貿易協議の第1段階の合意に沿うべく、中国が米農産物の購入を加速する」と報じられ、株式市場は好感したが、21日(日曜日)中国国営新華社通信は、常務委員会の会議が28日から30日に開かれることが決まったと報じた。

・通常、全人代常務委では法案について3回の審議を行うが、2回の会議で採決に踏み切る可能性についても指摘しており、「香港国家安全維持法」が、今月中に成立する可能性が出てきた。これだけ短期間で連続して開催されるのは異例の事態。7月1日は、香港が英国から中国に返還されて23年、中国共産党創立から99年の記念日。9月の香港選挙前に何としても成立させると思われる。

・7月4日は米国独立記念日であり、「香港国家安全法」が成立するようなら、米中対立が激化してくる。

 

 

■Q3:そうしたなか、金相場が堅調ですが、

その背景にはどんなことが挙げられますか?

 

A3

CG:リセッションとFF金利

 

・10日のFOMCで、少なくとも2022年末まで、ゼロ金利政策を維持する方針を表明。パウエル議長会見では「利上げは検討すらしていない」と述べた。

先進国のロックダウン緩和で株価は反発したが、実体経済は景気後退でマイナス成長が見込まれており、2022年まで利上げがないとすると、当面はドルの上値は抑えられ、「通貨の顔」としての金相場の下値は限定的との認識が与えられた格好。

・少なくとも2011年までの金の売買戦略は、大きな下値の心配なく、安値が出たとしても、そこは追撃売りではなく、押し目買い戦術が有効ということだ。

・リーマンショック時の中国による4兆元(約52兆円)に上る大規模経済対策を大きく上回る政策総動員による金余りは、新たな巨大株バブルを生みそうだが、長期的には波乱の芽(巨額財政赤字拡大に伴う通貨不安)が、より大きくなって後ずれしたに過ぎない。金融緩和再燃バブルの後には、パンデミック対策で国家財政が悪化する中、保有資産の評価損問題などから中央銀行の信用力低下が材料視される時代が到来する。これが「通貨の顔」としての金買い要因。

 

 

■Q4:菊川さんはさきほど、米中対立激化への懸念を挙げられましたが、

「安全資産としての金」にも注目が集まりそうですね?

 

A4

 CG:NY金(8月限、日足、3M)

 

・香港メディアは、国家安全法の関連法案が遅くとも7月初めに制定・施行されると報じている。トランプ米大統領は17日、「ウイグル人権法案」に署名した。ウイグル人権法案は議会の超党派の幅広い支持を得ており、米大統領選挙で、共和党・民主党、いずれが政権になっても、対中強硬政策に大きな変化はないとみられる。今回のコロナショックで世界的な分断、米中間の相互依存度の低下が進み、米中覇権戦争は長期化しそうだ。

・7月1日には、ロシアで憲法改正の全国投票が実施される。トランプ大統領発言(遠い国の昔からの紛争を解決するのは、米軍の仕事ではない。我々は世界の警察官ではない)にあるように、米国の内向き姿勢の強化が、国際秩序の大規模な分断・再編成を招き、各地で地政学リスクの火種が燻っている。米大統領選挙が近づくと、イラン情勢を含む中東の地政学リスクが、米国からの仕掛けで緊張が高まる可能性もある。このことは「通貨の顔」だけでなく、「安全資産」としての金の輝きも増す要因になりそうだ。ここにきて、金価格見通し引き上げの動きも相次いでいる。

 

■Q5:最後に、注目されている金のテクニカルポイントがあるそうですね?

その詳しい内容について教えていただけますか?

 

A5

CG:NY金(8月限、日足、HLバンド)

 

・NY金(8月限)は、10日間高値を上抜き、トレンドフォロー型指標は中立に戻った。1770.1ドル(6/18現在:20日間高値)~1789ドル(50日間高値)を上抜いてくると、買い転換となる。CTAなどのトレンドフォロー型資金が一気に流入するだろう。

・一目均衡表で変化が起こりやすい基本数値・対等数値の時間は、6月29日、7月2日、7月8日。また、7月4日の米独立記念日前後は、薄商いで値が跳びやすい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所