メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年11月25日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?
A1きょう1日の振り返り
・米中貿易協議進展期待からの米株高や、週明けの香港株高などから、リスクオンの流れが東京市場でも続いた格好となりました。

 

 

■Q2:金は反落していますね。今後の見通しは如何ですか?教えて下さい。
A2
NY金(日足)6月~
VIX先物(CFTC)
・週末のNYで材料視された米中貿易協議に対する期待感に加えて。ギリギリの段階で、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が延長されたことや、香港区議会議員選挙が中止とならずに実施されたことなどから、金相場は反落となっています。
・終値ベースで11月12日の安値の攻防が焦点。
・同水準を割り込んだ場合には、一時的なテクニカル面からの売り圧力が高まると思われるが、米議会で可決された「香港人権・民主主義法案」に、大統領は法案に拒否権を発動しない限り、日曜日を除いた10日以内に署名することになる。中国は署名されれば、報復も示唆している。波乱含み状態に変化はない。
・米国では、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領弾劾の動き、欧州では12月12日の英選挙が波乱要因だ。VIX先物の売り越しの多さは、楽観過ぎる声も多く、いずれ反動が来る可能性も。

 

 

■Q3:白金相場も下落していますね?背景と見通しも教えてください。
A3
NY白金(日足)6月~
需給見通し(WPIC)
・ワールド・プラチナ・インベストメント・カウンシル(WPIC)四半期報告で、2019年のプラチナは1トンの供給不足見通しとなり、これまでの10.7トンの供給過剰見通しから供給不足に転じるとした。投資需要が28.1トンから37.3トン(前年0.5トン)に引き上げられたことが背景。しかし、2020年は20.8トンの供給過剰見通しとなったことを嫌気した。
・三角保合い放れ待ち。放れのきっかけは、米中貿易協議の行方次第。リスクオンとなれば、「白金買い・金売り」、リスク回避となれば「白金売り・金買い」となるそう。

 

 


■Q4:原油市場の見通しは如何ですか?詳しく教えて下さい。
 A4
NY原油1月限(日足)200日移動平均線
・米中貿易協議期待から200日移動平均線を超えてきた。同水準は価格帯別出来高が厚く下値支持に変化するのか否かが注目。
・サウジアラビアは12月5日に国営石油会社サウジアラムコの国内新規株式公開(IPO)を前に公開価格を決定。上場は12月半ばとみられ、その時点での原油価格がIPOの鍵になる。ロシアも、ここまではサウジに協力するような減産支
持姿勢を見せるのではないか?

 

 


■Q5:IEAに続いてEIAからも需給見通しが発表されたようですが、その内容を簡単に教えて下さい。
A5
EIA見通し(年間)
・米中貿易協議の悪影響から来年の需要減少を予想しています。
・一方、中東では、米空母リンカーンを中心とする空母打撃群がホルムズ海峡を通過し、イランを牽制している。上値リスクがあるとすれば、中東の地政学リスクが高まった場合か、米中の劇的な合意があった場合。下値リスクは、米中貿易協議の破綻。どちらもなければ、55ドル±5ドルの逆張り継続。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所