メディア掲載

Back Number

  1. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  3. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  5. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  6. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  7. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  8. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  10. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  11. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  12. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  13. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  14. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  15. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  17. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  18. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  20. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  21. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  22. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/06/24 日本経済新聞
  24. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  25. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  26. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  27. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  28. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  29. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/06/15 日経電子版
  31. 2020/06/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/06/15 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2020/06/12 日経電子版
  34. 2020/06/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/06/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  36. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  38. 2020/06/04 日経新聞
  39. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  41. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/05/28 日経新聞
  43. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  44. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2020/05/19 日経新聞
  46. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  48. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  49. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/05/14 日経新聞
  51. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和2年6月15日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

先週過去4番目の下げ幅を記録したNYダウは下げ止まったものの、戻りは鈍く、東京商品市場は、今週、注目スケジュールが多いこともあり、全般的に様子見ムードが強い状況です。

 

 

■Q2:ます、今週の注目スケジュールを教えて下さい。

A2

CG:スケジュール表

・今週は各国で多くのマクロ経済指標が発表されるが、これらの指標に加えて、週前半は、日銀金融政策決定会合とFRB議長議会証言に注目。特に、先週はFOMC後のFRB議長会見をきっかけに、株価が下落した為、注目が集まる。

・週後半は、全人代常務委員会議(18-20日)。8月・10月にも開催予定で、北京で新型コロナウイルス感染再拡大しており、開催の有無・延期の可能性など不透明な点も多いが、今回、「香港国家安全法」が成立するようなら、米中対立が再浮上してくる可能性も。7月1日には、香港返還23周年が控えており、月末・月初にかけて緊張が高まる。

 

■Q3:そういった中、押し目を買われている金相場ですが、今後の見通しを教えて下さい

A3

CG:リセッションとFF金利

CG:NY金 CFTC建玉明細(日足)

・全米経済研究所(NBER)は、今年2月に米経済は景気後退(リセッション)入りし、これまで史上最長だった10年超に及ぶ景気拡大局面は終了したとの見方を示した。

・米連邦公開市場委員会(FOMC)では、2022年末までゼロ金利政策を維持する方針を示し、量的緩和策については、今後数か月は少なくとも現在のペースを継続する意向を示しており、YCCは年内のどこかで導入されるとの見方も出ていることは、金にとっては下値を支える要因。

・各国のロックダウン緩和で経済活動が再開されたが、今年は景気後退でマイナス成長が見込まれており、低金利が続くと、金の支援要因になるとみられる。

・一方、景気回復期待から株価が堅調なことが、心理的節目1800ドルで抑えられている要因。足元は、1650ドル~1800ドルでのレンジで保合いながら、次の放れを待つ展開。週末にかけて米中対立懸念が高まりを見せるようなら、株価は戻りを売られ、金はレンジ上限を試す流れとなろう。

・CFTC達玉明細では、大口投機玉の買い越しは整理されており、改めて買いを入れやすい地合いでもある。

・「香港国家安全法」が成立するようなら、7月上旬にかけて、内外共にレンジブレイクを試すかもしれない。

 

 

 

 

■Q4:一方、調整が入った原油市場は如何ですか。今後の見通しを教えて下さい

A4

CG:NY原油&NYダウ(終値日足)2020年~

CG:EIA原油在庫

・「OPECプラス」は、18日に合同閣僚監視委員会(JMMC)の会合を開く。日量970万バレルの減産を7月末まで実施することで合意したが、年末までJMMC会合を毎月行うことでも合意。18日は、その初回会合となる。

・これまで減産破りを行っていたナイジェリアは、協調減産合意で定められた削減量を順守すると語っており、各国の協調減産順守姿勢が確認されれば、下値支持要因になる。

・ただし、米シェール企業の生産再開を誘う50ドルを大きく上回る事態は避けたいとの思惑では一致しており、上値も限定的。

・一方、原油と相関の高いNYダウは、200日移動平均線に上値が抑えられており、早々に同水準を回復しないと、原油市場も上値が抑えられ易い。米中対立が高まると下方リスクが高まるだろう。

・原油在庫が過去の季節傾向通り、減少に転じていくか否かにも注目。

 

■Q5:最後にコーン市場の見通しは如何ですか?

A5

CG:シカゴコーン(CFTC建玉明細)昨年との比較

・7月4日の独立記念日が、「天候相場の天王山」と呼ばれる時期で、ここに向けて産地にホット&ドライに見舞われると、ショートカバーが起こりやすい内部要因となっている。

・昨年も同じような内部要因で、夏場に売り方の踏み上げ相場となった。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所