メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年2月1日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

円安ドル高が進行した事もあり、株安である物の、国内商品市場は、概ね堅調となっています。

 

■Q2:株価が調整に入っていますが、商品市場への影響は如何ですか?

A2 節分天井?

CG:NYダウ週足

CG:NYダウと新型コロナ感染者

・「節分天井」と言う言葉があるが2月は、2018年はVIXショック、2020年はコロナショックと、高値を付けてから反落パターンが確認される。

・史上最高値を更新してきた米株価だが、ロビンフッダー絡みで米株価に不穏な風が吹き始めており、春節入りを控え中国勢が不在の薄商いの中、株価が節分天井を意識するような動きから、一時的にリスク回避の動きが強まれば、商品市場にも下げ圧力として働きそうだ。

・また、足元は「感染拡大⇒実体経済悪化⇒株価下落」ではなく、「感染拡大⇒追加緩和期待⇒株価上昇」の構図となっており、感染の頭打ちが、投機規制と合わせて、下向き圧力となる可能性にも注意したい。

・一方、SNS「レディット」に「世界最大のショートスクイズ(玉締め)」と題し、銀ETFが取り上げられている点には注意。

 

■Q3:金相場も追随しそうですか?

A3 流動性確保のドル買いが高まれば、株価に追随安か?

CG:NY金&NYダウ

CG:NY金週足(52週移動平均線)

CG:ドル円(CFTC建玉明細)

 

・国際通貨基金(IMF)は、国際金融安定性報告書(GFSR)で、世界の中央銀行が緩和的な政策を維持するとの観測で金融市場には「慢心感」が出ており、急激な調整が入るリスクが存在していると警告している。

・昨年の米大統領選挙後、一時、崩れたNYダウとの相関が戻っている。本来は、逆相関の金と株価だが、世界的なジャブ付き相場が低金利政策継続する間は、「同じリスク資産」として相関の高い動きも継続しそう。

・ロビンフッダー絡みで米株価に不穏な動きが見られ、春節入りを控え中国勢が不在の薄商いの中、株価が節分天井を意識するような動きから、一時的にリスク回避の動きが強まれば、流動性確保のドル買い・金売りが強まる可能性も。CFTC建玉明細でも円買い・ドル売りポジションが膨れ上がっていた。巻き戻しも想定されるが、米国の緩和政策は長期に及ぶと見られ、この「ドル買い・金売り」の継続性は疑問。

・長期トレンドの転換ではなく、52週移動平均線への接近場面では、NY金相場はグランビルの買い法則がヒットしそうな感触である。円建て金は、円安が支援要因となり、NYと比べて下値は限定的に。ミャンマークーデターなども支援要因。

 

 

 

■Q4:ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)四半期需給報告が発表されたそうですが、内容は如何でしたか?。  

A4 ハネムーン期間後、堅調推移

CG:WGC部門別金需要

・2020年の世界の金需要は前年比14%減の3759.6トンとなった。4000トンを下回るのは09年以降初めて。2020年の世界の金需要は、11年ぶりの低水準へと落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大が市場に大きな影響を与える中、投資家の間で大量備蓄の動きが広がった一方、宝飾販売の落ち込みや主要中銀による購入が急減した。

・金の価格への影響力をめぐっては、(アジアの)宝飾需要よりも、(欧米)投資家による動きがより大きく作用し、20年の金の価値は25%上昇したと分析した。

 

■Q5:2月入りとなりましたが、2月に季節要因がある銘柄は何ですか?簡単に教えてください。

A5 フェブラリーブレイク(2月安)

CG:シカゴコーン2月の騰落率

・穀物市場では、2月は南米産の収穫期に当たり、下げ圧力が高まりやすいことから「フェブラリーブレイク(2月安)」と言われます。

・ただし、コーンの2月騰落率を見ると強気優勢となっており、実際の下げ圧力は、3月に表れています。特に今年は、大豆中心に在庫率が危機的水準で、2月安に伴う調整も限定的かもしれません。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所