メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年7月8日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

『東京マーケットワイド』2020/7/8放送分

 

1. 菊川さんがお話ししていた通り、NY金が堅調ですね。今後の見通しを教えてください。

 

NY金(8月限)は、連休前にはポジション調整で下押したものの、下値は限定的。昨晩は再び、2011年に史上最高値を更新して以降、長らく上値抵抗となっていた1800ドル水準を終値ベースで上抜いてきた。週足でも1800ドルを維持なら、いよいよ、2011年高値~ゴールドマン・サックスが6月19日付のリポートで「実質金利の低下などを背景に金投資の需要が増す」と指摘し、12ヶ月見通しとして挙げた2,000ドルが視野に入ってくる。短期的には、一目均衡表からN=1780.6ドル、V=1784.9ドルなどがカウント可能。

インドや中国などの宝飾用需要が価格の高水準で落ち込んでいるものの、各国の中央銀行の買い居座りが継続する中、金ETFへの資金流入は継続しており、短期筋であるCFTC建玉明細でポジションが分かる大口投機玉は、買い玉整理が進んでおり、新たに開始込みで切る余地がある内部要因です。

東京金も、NY金も50日間高値を更新しており、内外のダブルチェック確認で上放れの信用性は高く、ボリンジャーバンドでも、バンドウォーク継続中。一目均衡表からは、V=6392円が上値目標としてカウント可能。

 

 

2. 金との比較で、割安な銀や白金も動意付いているようですね。詳しく教えてください。

NY金が2011年の史上最高値を試す流れなのに対して、銀も白金も割安な状態になっています。銀や白金の需要項目が金と比べて産業用需要が高いことが背景です。

ただし、ジム・ロジャーズは、「そう遠くない未来に、金や銀が大きな利益を生むと見ている。なぜなら歴史を振り返ると、人々が政府に対して信頼をなくした時、金や銀の価格は急騰しているからだ。」と述べている。

また、ピーターシフは「銀は間違いなく底を打った。ドル建てだけでなく、金との比較においてもだ。銀は金との相対価格において史上最低を記録した。史上最高まではしばらくかかるだろうが、銀価格ははるかに上昇するだろう。」

 国内でも銀や白金の現物市場は、タイトな状況となっている。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所