メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年3月29日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

NY株高の流れを引き継ぎ、東京市場も株高で、週明けの商品市場は、全面高となっています。

 

 

■Q2:今週は、月末・月初・年度末が重なりますが、注目されるスケジュールが相次ぐようですね。詳しく教えてください。

A2 薄商いで値が飛ぶリスクには注意

CG:スケジュール

・今週は月末・月初が重なる週。

・3月末には米農務省の作付け意向面積が発表され、今年の天候相場が始まる。

・4月1日には、OPECプラス会合。現在の生産枠の変更の有無が焦点。

・雇用統計を始め、米中マクロ経済指標も多く予定されており、これらを受けた株価動向・金利動向が注目。

・週末にはグッドフライデー休場で海外勢の多くが休み、薄商いの中、雇用統計を受けて、週末~週初に値が飛ぶリスクには注意したい。

 

 

■Q3:4月は株高の季節傾向があるようですね。

A3 内外共に株価は強気の時間帯

CG:NYダウ月間騰落率

CG:日経225月間騰落率

・日経平均は、決算期にかけてポジションの調整売りが大量に発生したが、月曜日が配当取りの権利の最終日で、これが終わると、30日からは実質新営業年度となる。

・米株式市場では「Sell in MAY」と言われるが 5月同様、4月も月間騰落率を見ると、NYも日本も強気優勢の時間帯となる。

・商品市場でも株価との相関が高い銘柄群が、新年度入りで押し目を買われる可能性も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:株価との相関が強い銘柄で、特に注目されそうなのは、どの銘柄ですか?

A4原油は株価と相関高し

CG:月間騰落率(WTI)2000年~

CG:月間騰落率RSS3

・3月の月間騰落率は、灯油からガソリンへ需要が移行する端境期と言うこともあり、弱気優勢のアノマリーが確認できるが、4~5月はガソリン需要が増え始める時期で、再び強気サイクルに入ってくる。

・スエズ運河の座礁事故の影響が長引く中、今週はOPECプラス会合も控えており、押し目買いスタンスが有利となりそう。

・一方、原油と相関の高いゴム市場だが、4月は減産期終了が意識され、4月は弱気優勢の時間帯となる。

 

 

■Q:最後に金相場の4月の傾向、見通しは如何ですか?  

A54月は季節傾向に乏しいものの、ドル円が大きな節目を付ける場合には注意

CG:月間騰落率NY金

・4月の金は、月間騰落傾向を見る限り、上げも下げも五分五分。

ただし、過去のドル円を見ると、3月と4月のトレンドは反転するケースが多いことに注意したい。

 

 

 

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所