メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年6月17日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

『東京マーケットワイド』2020/6/17放送分

 

1. まず、菊川さんが注目しているスケジュールを教えてください。

今週は各国でマクロ経済指標が多く発表予定だが、政治イベントも相次ぐ。

16日~17日にポンペオ国務長官ハワイで、米中高官協議を行う予定。

米中貿易問題や香港問題に加え、北朝鮮が18年4月の南北首脳会談で採択した「板門店宣言」に基づき設置された開城の南北共同連絡事務所を爆破しており、朝鮮半島問題についても協議されると思われる。

全人代常務委員会議(6月18日~20日予定)~7月1日(香港返還23周年)にかけて、香港国家安全法を巡り、米中対立の構図が浮上してきそうだ。米大統領選挙で、共和党・民主党、いずれが政権になっても、対中強硬政策に大きな変化はないとみられる。今回のコロナショックで世界的な分断、米中間の相互依存度の低下が進み、デジタル革命を含む米中覇権戦争は長期化しそうだ。

7月1日には、ロシアで憲法改正の全国投票が実施される。23日にはボルトン前大統領補佐官の暴露本と言われる回顧録も発刊予定だ。

米国の内向き姿勢が、国際秩序の大規模な再編成を招き、各地で地政学リスクの火種は燻っている。金の「安全資産」としての輝きも増しそうだ。

実体経済の回復は長期的な時間を要するとみられ、米低金利政策も長期化すると思われ、ドル売り圧力が高いことも、金にとっては強気要因。財政に対しての不安感からも「通貨の顔」としての金に注目が集まるだろう。非常事態対策として、政府と中央銀行が歩調を合わせて 財政ファイナンス色の強い措置に踏み切っているが、一度大きく緩んだタガを再び引き締めるのは難しい。

 

2. 明日から「水星の逆行」が開始しますね。マーケットとの関係を教えてください。

アストロロジー(金融占星術)で「水星逆行」期間は、金融および商品市場で煮え切らない動きを示すと言われます。水星逆行期の初期には、短期で急激な上下運動が起きるため、いわゆるダマシが起こりやすい。テクニカル上の下値支持帯や上値抵抗帯、パターン分析などが無効となりやすいとも言われます。

また、水星のテーマは「コミュニケーション」であるため、ミスコミュニケーションが発生しやすく、不安定になりやすいとも言われる。丁度、「水星逆行」のオーブ(誤差・許容範囲)期間に、中国軍とインド軍の国境付近での衝突、北朝鮮による南北共同連絡事務所爆破などコミュニケーション不足で起きたと見られる事件も起きています。

今年の米国独立記念日は水星の逆行期(6月18日~7月12日)に当たる。株価が急速なリバウンドを見せた後、様子見ムードが高まっているが、独立記念日前後にかけて、マーケットは薄商いとなるため、突発的なテーマが飛び込んでくるリスクにも警戒したい。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所