メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年3月26日(木)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

 

A1・注目だった米国での2兆ドル規模の経済対策が与野党間での合意に至り、議会通過に期待が高まったものの、週前半にこれを織り込む格好で、大幅上昇していたために、円高もあり、本日の東京商品市場は修正局面入りとなりました。

 

 

■Q2:今週、東京金は記録的な上昇となったようですね。その背景を教えて下さい。

東京金(上昇幅ランキング)

東京金&NY金(日足)3月~

 

A2

・FRBが無制限の量的緩和(QE)を行うと発表したこともあり、金相場も株価下落に伴う損失補填的な売りが一巡し、3月24日・25日と、記憶的な上昇幅を記録しました。ドル建て相場以上に円建て相場が上昇したのは、円安ドル高が進行したためです。

 

■Q3:それでは、今後の金相場の見通しを教えて下さい。

NYダウ(リーマンショックとコロナショック)NY金(リーマンショック&コロナショック)

A3

・リーマンショックの際は、NYダウの下げ止まりと共にNY金も下げ止まり、その後、ダウが戻りを売られて改めて一番底を試した流れの中で、金相場は本来の株価との逆相関に戻り、下値を切り上げていきました。

・今回は、現段階まではリーマンショックとの類似パターンを描いていますが、今後に出てくるマクロ経済指標で株価が一番底を割り込むか否かが焦点です。割り込むような場合は、金相場は更なる上昇。今年になって3度、上値を抑えられている1700ドルを超えると踏み上げとなりそうです。

・一方、早期にコロナウィルス感染拡大が落ち着き、世界的な緩和相場の中、株価が大きく戻りを試すようなら、金の上値は抑えられるでしょう。

 

 

■Q4:商品市場ではコロナショックは、これまで需要減少に注目されていましたが、供給サイドでも材料視され始めてきたようですね。詳しく教えて下さい。

金相場(現物と先物)

A4

・昨日の市場では、ほぼ価格に乖離のないNY先物とロンドンスポット価格に大きな乖離が出る状況となりました。

・昨日、NY先物が現物相場より一時1トロイオンス100ドル近く高くなる異常値を見せた。足元でも縮小したものの乖離は継続している。普段なら現物相場との裁定が働き、価格は収れんするのだが、感染が急拡大しているイタリア国境近くにあるスイス精錬大手が新型コロナの影響で操業停止、CME向けの現物(100onz bar)を供給できなくなった事が背景。

・CMEは受け渡しを大幅に改善、キロバーやラージバーでもデリバリーできるようにすると発表。

・コロナウィルス感染拡大により、南アでも白金鉱山が閉鎖、ゴム産地のタイでは全土に非常事態が宣言され、南米ではブラジル・アルゼンチン産の穀物輸出に障害が出ている。今後は、需要サイドの落ち込みに加えて、供給サイドリスクも

材料視されてくる可能性。

 

■Q5:最後に原油市場の見通しを教えて下さい。

NY原油&NYダウ

NY原油(月足)

A5

・世界的な株安や需給悪化懸念から3月18日に20ドル割れとなったが、株価と異なり、価格がゼロになることはなく、下値リスクと上値リスクを比べた場合、長期的には上値リスクが相当高い。ここから20ドル下げる可能性は物理的には

ほぼないが、50ドル水準への自律反発は、いつ入ってもおかしくない。

・G20首脳が26日に開催するテレビ会議で、今年の議長国サウジアラビアに原油の増産を自粛するよう求める可能性があると報じられており、4月から懸念されているサウジの増産が始まらないと、コロナウィルス対策による供給障害も含

めて、一時的な価格上昇リスクは高いと考える。

・ただし、4月からの増産が始まり、株価の戻りも鈍い場合は、短期的には3月18日に付けた安値割れも想定される。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所