メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年3月18日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.  各国政府や中央銀行が相次いで緊急政策を打ち出していますが、なかなか、株価は下げ止まりません。金価格も同時に売られていますが、この背景は何ですか?

 

リーマンショック時は、「金融機能マヒ」が「世界的な需要蒸発」を招いたが、今回のコロナショックは、「世界的な消費蒸発懸念」が「金融不安拡大」に繋がっており、「命に係わる」もので似て非なるものとの見方が多い。リーマンショック時には、効果的だった大規模財政・金融政策が、コロナショックでは、効かないとの声も多い。

 株価も「陰の極み」に接近であるものの、底打ちするためには「ワクチン開発」や「感染者拡大の頭打ち」確認などが必要であろう。現段階で底打ち感はなく、「落ちてくるナイフは掴むな」の時間帯であると考える。ジャブ付き相場で実体経済との乖離が拡大したまま、過去最長の米好景気、史上最高値を更新した米株価の調整は、そんな簡単には終わらない。米国の1兆円規模の大型経済対策は巨大だが、大底はもっと市場参加者の恐怖におののくパニックが必要な気もする。

 

事実上のゼロ金利政策を採った米国だが、過去の金利引き下げ局面でのNYダウの値動きを振り返ってみると、日柄からは一旦、リバウンドを入れても良い時間帯に入っている。ただし、過去を見ると、戻りは改めて売り直され、底打ちには、まだまだ日柄を擁している。

一方、利下げ局面でのNY金の値動きを振り返ると、日柄からは損失補填的な売りをこなした後は、押し目を買い直され、下値を切り上げる時間帯が接近している。

リーマンショックとコロナショックでは、その性格が大きく違うものの、値動きと日柄の参考とはなりそうだ。リーマンショックの際は、株価に下げ止まりが一旦見えた後、金への損失補填売りも一服し、その後、株価が保合いに移行している間に、NY金は上昇。その後の株価の底割れで、NY金は大きく上昇した。

 

米国のQE再開を始めとして世界的なジャブ付き相場が拡大して始まったが、感染者拡大が落ち着いても、すぐには金利引き上げや、QE縮小は採れないと見られ、巨大なマネーの移動・出入りで、各市場のボラティリティは大きくなりそうだ。コロナウィルスが落ち着けば、再び過剰流動性が株式市場に流れ込むシナリオも想定される。この場合は、金の上値は抑えられるだろう。

一方、感染拡大が長引き、今後出てくるであろう、経済悪化を表すマクロ経済指標を受けて、株価が足もと付けた一番底を割り込んだ場合は、リーマンショックの時と同じように、金が最も早く、最も大きく上昇すると考える。

 

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所