メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年7月8日(月)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・強気の雇用統計を受け、貴金属が下落。一方、需要増期待や地政学リスクから原油市場の上昇が目立った1日でした。


■Q2:雇用統計を受けて金は下落したようですね。

  • ドル円とNY金 5分足
    Fedウォッチ

  • A:2

    ・米雇用統計を受けて、ドル買いとなった事に金は売りで反応しました。7月の米利下げ観測が後退した事が背景。7月0.5%の利下げ観測の高まりなど行き過ぎ感のあった流れに修正が入った。

    ・ただし、利下げ観測の後退を受けて、株価が売られたため、NY金の安値は買われて、1400ドルは維持されました。「通貨の顔」で売られたものの、「安全資産の顔」で支えられた格好です。

    ・今週は、FRB議長の議会証言が予定されているが、利下げ観測が強まるのか否かに注目したい。


■Q3:それでは、今後の金相場の見通しは如何でしょうか?教えて下さい。

NYダウ 週足
NY金 週足

A3
・NY株式市場が上値抵抗となっている27,000ドルを上抜くようなことがなければ、NY金の調整安は限定的となる。

・これまでの上値抵抗だった1365ドル~1400ドルが強力な下値支持帯。
実体経済と乖離した高値圏にある株価の不安定さや、7月後半には合意なきブレグジット、9月のイスラエルの再選挙に向けた中東の地政学リスクなどを考慮すると、「安全資産の顔」を持つ金の押し目買い基調は継続する。

■Q4:続いて、協調減産が決まったにも関わらず下落した原油市場の見通しは如何ですか?

NY原油 日足
OPEC生産量

A4
・ザラバで200日移動平均線~心理的節目の60ドルを上抜けたが、協調減産を織り込む形で相場が上げていたため、利益確定の売りや、貿易摩擦での世界景気減速懸念から反落した。

・ただし、米国の石油掘削装置(リグ)稼働数が3週ぶりの減少となった事や、6月の石油輸出国機構(OPEC)産油量が日量3000万バレルを割り込み、ほぼ5年ぶり低水準になったこともあり、心理的節目55㌦が下値支持帯として意識されている。

・イランは7日、ウランの濃縮度を2015年核合意の規定を超える水準に間もなく引き上げると発表。トランプ米大統領は「イランは気をつけた方がいい」と警告するなど、燻り続ける地政学リスクが下値を支える。

・55-60ドルのレンジ相場が続いており、レンジ内での逆張りが継続。レンジ内で次なる放れを待つ流れへ。
 

■Q5:最後に、穀物市場の見通しを教えて下さい。

作柄 コーン
シカゴコーン 日足

A5
・6月末に発表された超弱気の作付面積発表で、コーンは暴落しましたが、米農務省(USDA)は7月としては過去なかった規模で、作付面積の再調査を14州で行うことを発表した。調査結果は8月需給報告に反映される。6月末発表の作付面積が不自然な数字だったため、下方修正の可能性も高い。

・今後の作柄如何では、再度の上値試しも要想定。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所