メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年3月9日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

 

A1きょう1日の振り返り
・リスク回避の円高に加えて、OPECプラス会合での協調減産決裂を受けた原油市場の下げが目立ちました。東京金も海外高を円高が相殺してマイナスサイドとなりました。

 

 

■Q2:まずは、原油市場が大きく下落した要因と見通しをお願いします。

 

A2
NY原油(週足・2016年~)
米国・OPEC生産推移
・前日のOPEC総会で決定した日量150万バレルの追加減産を、OPECプラスの閣僚級会合で合意しなかったことで、2017年から続けてきたOPECとロシアとの協調関係が崩れるとの懸念が強まった。
・「OPECプラス」で合意に至らなかったことを受け、サウジアラビアは日量1000万バレルを上回る増産を4月に計画。更に、サウジの国営石油会社サウジアラムコが4月の極東と米国、欧州向け公式販売価格(OSP)について、過去20年で最大の値下げに踏み切る。輸出シェアを奪う狙い。
・新型肺炎感染拡大に伴う需要減少に加えて、本格的な原油の価格戦争が始まる。シェール潰しも兼ねた輸出シェア獲得競争となった2014年のOPEC総会以降は、チャイナショックを挟み、2016年の26ドル台まで価格は下落した。値頃感は持たずに、チャート上の底打ち確認待ちとしたい。
・シェール減産や、中東の地政学リスクが起きないと底打ちし難いが、サウジの内政不安やイランの新型肺炎拡大、中東全域のバッタ被害に伴う食糧価格の上昇リスクなども多く、安値売込みも避けたい。

 

 

■Q3:一方、NY金は堅調ですが、その背景は?

 

A3
米雇用統計(失業率あり)
NY金&ドル円(5分足)
・2月の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比27万3000人増と、市場予想(約17万人増)を大幅に上回った。失業率も3.5%に低下し、雇用の堅調さを示したが、新型コロナの影響が現れる前の数字で、指標改善を好感し
た株買い・金売りはみられなかった。
・株価は、3月FOMCでの追加利下げ催促相場となっており、ドルが売られたことも一因。更に、東京早朝に北朝鮮からの飛翔体の報道も、1700ドル台乗せの一因となった。

 

 

■Q4:今後の金相場の見通しは如何ですか?
NY金(日足)

 

A4
・終値ベースで、1700ドルを超えてくると、CTAなどのトレンドフォロー型の追撃買いが入りやすい。
・ロゴフ(元IMFチーフエコノミスト)ハーバード大学教授は、次の景気後退は、中国から始まる可能性が高く、すでに始まっているのかもしれないと述べている。40年に及ぶグローバリゼーションが現在の低インフレの主因であるとすれば、貿易摩擦の高まりに加えて、パンデミックにより国境の敷居を継続的に高めることは、物価上昇圧力をもたらす。将来的な低インフレから高インフレ移行の可能性も、現在の金市場の上昇の一因かもしれない。
・米国債の金利は史上最低だが、社債の金利は上がり出している。ウイルス危機による経営悪化が不可避な業界の社債の金利が大幅上昇(債券価値下落)し、債券破綻への保険であるCDSの指標が急騰(保険料率が急上昇)した。これはリーマン危機の初期にあたるサブプライム危機の際に起きたことと同じ。
・社債の危機は、債券発行で赤字を埋めて自転車操業してきたシェール会社を破綻させるリスクを秘める。


■Q5:最後に白金市場には独自材料があったようですね。

 

A5
NY白金(日足)
WPCI需給格差
・世界2位の白金大手、南アフリカのアングロ・アメリカン・プラチナム(アムプラッツ)は、先月の爆発事故で加工施設の稼働停止を余儀なくされたことから不可抗力条項の適用を宣言した。これに伴い、生産見通しを下方修正した。アムプラッツは、2020年の白金族生産予想を90万オンス下方修正。従来予想の420万~470万オンスから330万~380万オンスとした。ただし、株価が大幅下落している中、戻りは限定的になるか?
・ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)四半期報告では、2020年のプラチナ市場は供給過剰の状態が続くと見通ししている。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所