メディア掲載

Back Number

  1. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  2. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  3. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  4. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  5. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  6. 2020/03/31 日経新聞
  7. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/03/27 日経新聞
  10. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  12. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  13. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  14. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  15. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  16. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  17. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  18. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  21. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  22. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム
  23. 2020/03/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  26. 2020/02/26 日経新聞
  27. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  28. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  29. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  31. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  36. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  38. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  39. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  41. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  43. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  45. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  46. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  48. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年2月3日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?
A1
・米国務省が30日、正式に中国への「渡航中止・退避勧告」を発表した事を嫌気したNY株価大幅下落の流れを引き継いで始まった後、春節休場明けの上海市場の下落で、リスク回避が高まりました。原油・ゴム市場の下げが目立った1日となりました。

 

 

■Q2:大きく続落している原油市場ですが、この流れは継続しそうですか?
NY原油3月限(日足)2019年6月~
A2・潜伏期間が10日間程度と言われる中、春節での大移動もあり、2月に入ると中国だけでなく、世界各地に感染者が拡大・表面化する可能性は大きい。実体経済の影響も春以降には、具体的な統計数字となって出てくるだろう。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)発生時に感染者が最も拡大したのは5月だった。需要減少思惑は継続しそうだ。
・一方、心理的節目50ドルは、昨年3回支持された重要支持線であり、同水準を割り込むなら、OPECプラス1の協調減産強化の可能性もあるだろう。2月4~5日に共同技術委員会(JTC)をウィーンで行い、来月5~6日に予定されている総会を前倒しすることが検討される予定。
・ただし、世界的に暖冬傾向もあり、上値も限定的か?。

 


■Q3:米国の需給も発表されたそうですね。その内容を教えて下さい
米原油生産(EIA)
A3
・米エネルギー情報局(EIA)が31日公表した月報によると、昨年11月の米原油生産は日量20万3000バレル増加し、過去最高の1290万バレルとなった。
・パレスチナ自治政府のアッバス議長は1日、アラブ連盟の緊急会合で、米政府がイスラエル寄りの和平案を発表したことを受けて、イスラエルおよび米国との間で治安協力を含むすべての関係を絶つと述べた。
・殺害されたソレイマニ司令官の没後40日にあたる2月11日(革命記念日)に向けて、中東の地政学リスクが高まりを見せる可能性にも注意。突発的な供給障害が起きれば、値位置が低いゆえにショートカバーも入りやすい。

 

 


■Q4:一方、堅調な金相場の見通しを教えて下さい
A4
NY金(4月限)2019年6月~
CMEのフェドウオッチ
・NY金は、新型肺炎感染拡大を嫌気した株安・ドル安を材料視て堅調推移となっている。2019年の米GDP速報値は前年比2.3%増と3年ぶりの弱い伸び。2.9%増だった2018年に続き、トランプ米政権の成長率目標である3%を2年連続で下回った。米国の景気減速懸念が高まっており、CMEのフェドウォッチによると、利下げ確率が上昇中。

 

 


■Q5:米大統領選挙の行方にも注目が集まりそうですね。
A5
大統領選挙アイオワ州支持率調査
大統領選挙ニューハンプシャー州支持率調査
・米大統領選の民主党候補の公認指名争いで、全米ではバイデン前副大統領のリードが続くものの、最新の世論調査で、初戦となる党員集会(2月3日)が開かれるアイオワ州と、続いて予備選が行われるニューハンプシャー州(2月11日)で、バーニー・サンダース上院議員が優位に立っている。「アイオワの勝者が大統領選を制す」と言われるアイオワ州の党員集会、続くニューハンプシャー州予備選で、左派候補に注目が集まると、史上最高値圏にあるNY株価市場の利食いの材料となるかもしれない。ドル安・株安となれば、NY金にとっては強気要因。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所