メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年1月6日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1日本の休場中に、中東情勢の緊張が高まりを見せたことで、海外市場で急伸した原油・金の上昇が東京でも強い1日となりました。

 

■Q2:その原油市場ですが、昨年も年末にかけて堅調でしたが、2020年もこの流れは継続しそうですか?

A2
CG:NY原油&NYダウ(日足)2019年6月~
CG:イラン・サウジ産油量推移
CG:中東地図(ホルムズ海峡)
・2019年は、年末にかけて、米中貿易協議合意期待からの株高に追随して、景気回復・需要回復期待が価格を押し上げた。
・年が明けて、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことで、中東の地政学リスクが高まりを見せ、供給懸念が材料視されている。
・6日までイランは喪に服すとしているが、米国に対して報復を示唆しており、具体的な供給障害が生じると、上値リスクが急速に高まることになる。米国の制裁で既にイラン産油量は減少しており、上値リスクはサウジへの攻撃や、ホルムズ海峡封鎖などが実施された場合。このケースでは、値頃無用となる。
・今回の米国の攻撃に関しては、中国・ロシアなどがイランを支持しており、15日に署名が予定されている米中貿易協議に影響を与えるか否かにも注意したい。

 

■Q3:今後の見通しは如何でしょうか?
A3
CG:NY原油2月限(日足)2019年6月
CG:NY原油月間騰落率
・既に、昨年9月のサウジアラビア石油施設攻撃で急騰した高値を超えており、具体的な供給障害がなければ、調整安も要想定。また、供給障害で一段高となった場合も、戦略備蓄放出で短期的な急騰が抑えられる可能性も。
・一方、現段階では調整が限定的となっている米株価の調整が大きくならなければ、原油の短期的な買われ過ぎ感に対する調整が入ったとしても、58-60ドル台で下支えられるだろう。北半球最大の灯油需要期で、季節傾向からも春高パター
ンが確認され、中東の地政学リスクの燻りが下値を支える。
・要注意は、中東ではなく、米国本土テロなどが起きた場合。

 


■Q4:一方、同じく堅調な金相場の見通しを教えて下さい

A4
CG:NY金(2月限)2019年6月NY金(2月限)~
・12月24日、9月高値を起点とした下降トレンドを上抜き、調整局面が終了。
・中東リスクの高まりや、米大統領選挙に伴う不透明感、米中覇権戦争の長期化、米景気後退リスクなどが金価格の支援要因となりそうだ。
・2020年は「底を打った相場は、天井を打つまで高い」を確認する年となろう。1600ドル~1700ドルを試す流れを想定する。1450ドルを明確に割り込まない限り、上昇トレンドに変化は出ない。


■Q5:最後に、2020年の要注意事項は何ですか?(時間調整)

A5
CG:シカゴコーン(月足)2010年~
・レバノンに逃亡したゴーン被告の件は、オリンピック年にテロリストの水際対策が、いかに杜撰であるか証明した。特に地方空港にはセキュリティ上の穴が目立つのに人手不足もありテクノロジーも不十分で、出入り自由との指摘もある中、外国勢力による主権侵害に国家としての危機管理能力が問われる。オリンピック期間中の材料としてのテロリスクは高まった。
・また、ここ数年天候相場が不発の穀物市場だが、異常気象は頻発・大型化しており、安値圏にある穀物市場が上昇してくると、地政学リスクも高まってくる。アラブの春は小麦価格(パン価格)の上昇がきっかけだった。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所