メディア掲載

Back Number

  1. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  2. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  3. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  4. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  5. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  7. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  8. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  9. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  10. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  11. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/08/13 読売新聞
  14. 2019/08/09 日本経済新聞
  15. 2019/08/08 日本経済新聞
  16. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2019/08/06 時事通信社
  18. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  19. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  21. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  23. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  25. 2019/07/11 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/07/11 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2019/07/11 日本経済新聞
  28. 2019/07/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  29. 2019/07/03 みんなのコモディティコラム
  30. 2019/07/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/06/28 時事通信社「週間見通し」
  32. 2019/06/26 時事通信社「アナリストの目」
  33. 2019/06/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/06/24 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  35. 2019/06/24 みんなのコモディティコラム
  36. 2019/06/24 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  37. 2019/06/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2019/06/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/06/10 日経ヴェリタス
  40. 2019/06/07 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/06/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2019/06/03 日経ヴェリタス
  44. 2019/05/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  45. 2019/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/05/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/05/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/04/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  49. 2019/04/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2019/04/22 Tokyo Financial Street
  51. 2019/04/22 日経ヴェリタス

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成31年6月4日(火)STOCK-VOICE「WRAP TODAY」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:きょう1日の振り返り

・米中貿易戦争激化で大きく売られた動きが一服も、東京市場は108円割れの円高で、全般的に戻りが売られた中、昨日に続き、金の上昇が目立った1日でした。

 

■Q2:菊川さんは、先週は上海、先々週は台湾で、それぞれ講演されたそうですね。どんな雰囲気だったでしょうか?

A2:米中貿易問題の行方に関心


・やはり関心は米中貿易戦争の行方でした。長引くとの見方が多かった。
・台湾は親日色が強かったに対して、上海は米中貿易戦争の影響もあり、反米・愛国キャンペーンが張られているような雰囲気でした。街中いたるところでファーウェイの広告が見られました。日本に対しては、シビアな見方が多かったですね。
・最近行われたセミナーでも、中国語を話さなかった米国人講師が壇上から引きづり降ろされた事件があったり、天安門事件30周年直前という事で、ピリピリ感はありました。監視カメラは現在、全土で3億台あるそうですが、6億台にする予定だそうです。
・台湾でも来年大統領選挙が実施されることから、政治ファクターが、よりマーケットに影響するとの見方がありました。

 

■Q3:その世界的な貿易戦争激化懸念から金(ゴールド)が急伸していますね。今後の見通しを教えて下さい。

A3:短期調整あっても、押し目買い基調に変化なし

PMI&MSCI
金ETF
NY金日足 200日移動平均線
・これまで株価と実体経済の乖離が続き、金相場の上値を抑えていたが、この乖離が、株価下落で修正され始めている事で金に資金が流入した。
・短期的な買われ過ぎ感からの調整は予想されるものの、2月高値を起点とした下降トレンドを上抜いており、ネックライン(5/14高値)~心理的節目1300ドルを下値支持とした押し目買い基調に変化はないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■Q4:続いて、大きく続落した原油市場の見通しは如何ですか?

A3:チャート形状は悪化

NY原油7月限日足
米国 原油 生産量
・株価下落や米生産増加に伴いNY原油は、下げ加速となりました。ただし、2018年12月安値~2019年4月までの上昇に対する61.8%押しを達成し、下げ一服感が出ても良い水準。
・また、6月のOPEC総会で協調減産が延長される可能性も高まってきた。
・東京市場は、円高進行分、下値が深くなっている。米利下げ観測も高まっており、海外高を円高が相殺する可能性。

 

 

 

 

 


■Q5:最後に穀物市場にも注目されているようですねその理由を教えて下さい。

A3:アラブの春と類似

シカゴ小麦
・米中西部での異常気象からの作付遅れ・生育遅れで穀物市場が上昇していますが、アラブの春は、小麦価格上昇に伴うパン価格の上昇が一因で発生したとも言われますが、今年の相場も類似パターンを描いており、このまま天候回復せずに穀物価格が上昇してくると、中東・北アフリカ情勢が不安定になる可能性。
・現在、原油価格は下落していますが、地政学リスクの高まりから反発してくると、原油高+穀物高でインフレ懸念も高まり、利下げしたいFRBの舵取りが難しくなるかもしれない。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所