メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年3月16日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

 

A1 きょう1日の振り返り
・トランプ米大統領が非常事態を宣言に加えて、今朝方の米国の緊急利下げにも関わらず、株価が下落したことや円高ドル安でほぼ全面安の流れとなりました。

 

 


■Q2:まず、一旦値を戻した後、戻りを売られた原油市場について教えて下さい。

 

A2 協調減産決裂
NY原油(週足・52週移動平均線乖離率)
NY原油&NYダウ(日足)
・週末に、トランプ米大統領は戦略のための石油の大量購入を検討していると発表。エネルギー省当局者によると、SPRには最大7700万バレルを追加できる余地がある。中国も同じく戦略備蓄積み増しを表明しており、サウジ等の増産分を旧称できるのではないかとの思惑が高まった。
・さらに、52週移動平均線乖離率が2016年の底打ちした際と同レベルまで乖離した事で、短期的な売られ過ぎ感からの反発も入りやすかった。
・ただし、米国の緊急利下げにも関わらず、株価が下落したことで原油の戻りも売られた格好です。

 

 

■Q3:それでは、今後の見通しを教えて下さい

 

A3 2014年末以降との比較
協調減産決裂比較(2014年VS2020年)財政均衡原油価格

・2014年末のOPEC総会時も、協調減産が合意されず、価格競争・輸出シェア獲得競争に陥り、原油価格は急落した。2015年のチャイナショックを経て、2015年7月には100ドル台であったNY原油価格は、2016年2月安値(26.05ドル)まで大幅続落となった。
・現行価格が続くと、増産を示唆しているサウジの財政が厳しいこと、シェールの減産が始まることに加えて、中東の新型肺炎拡大、バッタ被害など、潜在的な強気要因も多い。穀物価格が上昇してくると、「アラブの春」と同じように中東・アフリカ地区の地政学リスクの高まりと共に供給リスクが浮上する可能性も。下値追いが先行する原油価格だが、安値をきっかけに、将来的な上昇の種が蒔かれている状態だ。
・目先は、独自要因よりも、相関の高い株価の下げ止まり待ち。

 

 

■Q4:一方、先週は金相場も大きく下落しましたね。この背景は?

 

A4 損失補填的な売り
NYダウ(弱気相場入りの金価格)
NY金
・NYダウが弱気相場入り(高値から20%下落)となったが、今回のコロナショックとリーマンショック時の弱気相場入り局面を重ね合わせてみると、同じように、株式市場の大幅下落に対する損失補填的な売りで下落している。
・リーマンショック時には、損失補填的な売りが一巡した後、株価は戻りを売られたが、金は押し目を買い直され、主要なリスク資産の中では、最も早く・最も大きく上昇した。
・現段階では、内外共に底打ちは確認できていない状況だが、チャート上の底打ちパターンが確認できれば、再び買いを仕込む好機となる。52週移動平均線の攻防が焦点。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所